ニュース

被災地のこどもたちの支援

2011年夏のしまじろうの被災地慰問活動

被災地の子どもたちへの慰問活動として行っているしまじろうイベントの開催数は、4月から8月までに33ヶ所42回にのぼり、1万人以上の親子にご参加いただいております。

 

7月は宮城県仙台市で開催された「東北六魂祭り」に参加。東北6県の伝統的な夏祭りが一堂に集う、復興への願いをこめたこのお祭りに、開催2日間で 計36万人を超える観光客が訪れ、真夏の暑い中、しまじろうのイベントにも約2,000人の子どもたちが遊びにきてくれました。

 

六魂祭と前後して、茨城県北茨城市・日立市、千葉県旭市を訪問しました。津波の影響で数百棟以上が全半壊するエリアもあり、東北だけにはとどまらないこの震災の被害の大きさを改めて実感しました。

 

8月6~8日の3日間は株式会社星野リゾート様と協力し、福島県福島市および郡山市在住の親子約30組100名を、福島県内のリゾート施設「裏磐梯猫魔ホテル」にご招待。

 

プールの授業は一切なし。2学期からはガラスバッジをつけて、毎日放射線量を測定しながら生活しなければならない子どもたちに、思いっきり自然とふれあい、夏の楽しい思い出づくりをしてもらおうと企画したイベントです。

 

到着した子どもたちをしまじろうショーでお出迎えし、2日目には森の散策やスイカ割り、川遊びと盛りだくさんのプログラム。親子の笑顔がいっぱい広 がりました。最終日はみんなのメッセージを集めた「思い出の樹」づくり。真剣な表情で、3日間の楽しかったできごとやこの夏のことを「絶対忘れない」と書 いてくれました。

 

しまじろうの被災地慰問活動は今後も続けていく予定です。