高校受験、お金はどれくらい準備すればいいの?

スライド1.JPG

「うちは公立高校志望だからそれほどお金はかからない」と安心していませんか? 実際は「案外かかって焦った」という声も多いようです。直前になってあわてないように、先輩の声も交えながら、高校受験にかかるお金についてご紹介します。

私立高校の受検料は1回で1~3万円!

スライド3.JPG

公立高校の受検料は2,200円(一部の県は2,100円)ですが、私立高校の受検料は1~3万円と、ケタが違います。私立高校を複数受検する場合は、その数だけ受検料がかかるので、かなりのまとまった金額になります。しっかり準備をしておきましょう。

前泊したので宿泊代+受検料がかかった!

遠方の高校を受検したので、前日に前泊することになり、宿泊代がかかってしまいました。さらに併願の私立高校を多めに受けたので、受検料がかなりの額になって驚きました。(北海道 岩見沢東高校の保護者 チョコさん)

併願の私立高校に合格したら、納入金がすぐに必要な場合も

スライド4.JPG

併願の私立高校に合格した場合、入学金などの納入金を公立第一志望校の合格発表日まで待ってくれる高校もありますが、中には合格後の早い時期に、納入金の一部、または全額を払わなければならない高校もあります。金額は数万円~数十万円まで、高校によってさまざまなので、併願する私立高校が決まったら早めに調べておきましょう。

公立発表まで待ってもらうための前納金が2万円!

併願私立高校の受検料が高くて痛かったのですが、さらに、私立併願校に合格したときに、公立高校合格発表まで入学金の納入を待ってもらう手続き(前納金)として2万円を払ったのは、予想外でした。(埼玉県 所沢北高校の保護者 TNさん)

公立の第一志望合格発表日は、万が一の場合に備えて、併願私立高校の入学金の準備を!

スライド4.JPG公立高校合格発表の日まで納入金を待ってくれる私立高校では、公立の合格発表日を納入金の期限と設定している場合も多いです。万が一の場合はすぐに併願私立高校に入学金などが支払えるように、あらかじめ支払い方法や納入期限の日時などを要項で調べて、公立高校発表日までには準備万端にしておきましょう。

私立高校の入学金がかなりの出費でした!

第一志望の公立高校が不合格で、私立高校に行くことになりました。入学金だけでも高額だったうえに、制服などいろいろなものを購入する必要があって、かなりの出費でした。(長野県 上田西高校の保護者 りんごの母さん)

県立高校が不合格だったため、私立入学にかかる費用や定期代が予定外の出費!

県立高校が不合格だったので、併願の私立高校入学にかかる費用が予定外の出費でした。またその高校が遠方だったので、定期代も予定外な金額でした。(埼玉県 浦和実業高校の保護者 うみさん)

併願校入学準備金を含めると、公立高校第一志望の場合でも、受験のために30万円は用意しておく必要があります。お子さまが安心して受験勉強に全力を注げるように、お金をしっかり準備しておくことが、保護者の方ができる大切なフォローですね。

※本記事は「進研ゼミ高校講座の保護者の方へのアンケート」(2019年11月実施)より作成しました。
イラスト:カワチ・レン

※私立高校の納入金についての情報は、<高校入試情報サイト>の「入試情報/入試データ」の各都道府県の「学費(私立)」でご紹介しています。
<高校入試情報サイト>の「入試情報/入試データ」はコチラから

進研ゼミ中学講座

お知らせ