安全インストラクター直伝! 「子供だけの留守番」のときの防犯ポイント

学校の休校期間や長期休暇には、お子さまが一人で留守番をしたり、子供どうしで出かけたりなど、普段と違う行動をする機会もあります。そんなとき、子供の安全を守るためにしておきたいことを、安全インストラクターの武田さんに教えていただきました。

【お話】
武田 信彦(たけだ のぶひこ)氏
安全インストラクター。市民目線で安全のコツを伝える「うさぎママのパトロール教室」主宰。講演やワークショップ、ラジオ、WEBなどを通して、各世代に安全のコツ、身を守るコツ、一般市民による防犯などについて楽しく、わかりやすく伝えている。「SELF DEFENSE 『逃げるが勝ち』が身を守る」(講談社)など著書多数。

子供に教えたい、留守番時の防犯ポイント

 本来、防犯の基本は「子供だけの状態にならない」こと*ですが、学年が上がるとご家庭の事情によっては「子供だけの留守番」「子供だけの外出」をする場合もありえます。社会全体で子供を見守り、助け合う意識はもちろん必要ですが、各家庭での防犯対策も欠かせません。まずは「子供だけの留守番」の際、お子さまに伝えておきたいポイントをご紹介します。
*詳しくは「安全インストラクターに聞く! 登下校や外出時の子供の安全を守るには?」をご覧ください。

○カギかけの習慣をしっかりする。
玄関ドアはもちろん、窓のカギもしっかりかけるよう伝えましょう。子供だけで家に出入りする際は玄関ドアの施錠をうっかり忘れる場合もあります。玄関に「カギをかける!」などのメモを貼っておくのもおすすめです。

○インターホンや固定電話には応対しない。
安全のため、予定外の訪問者には応対しないこと。そのため、配達などはおうちのかたがいる時間帯を指定する、固定電話には留守番電話や転送サービスなどを取り入れるなど、あらかじめ準備をしておきましょう。

○おうちのかたとの連絡手段を用意する。
お子さまの様子を確認したい、お子さまのほうからおうちのかたに連絡したいことがあるなど、留守中互いに連絡をとる必要が出てくることもあります。そんなときのために連絡手段を用意しておきましょう。携帯電話であれば、不特定多数からの連絡を避けることができます。その際は、子供用のキッズ携帯を選ぶ、ネット利用のフィルタリングをかけるなどの安全対策を行い、使い方のルールを決めておくなどの配慮を忘れずに。

○逃げ込める場所を確認しておく。
「不審な物音がするような気がして家にいるのが怖い」「軽い地震があって不安」など万が一のときに備えて、家を離れて安全に逃げ込める場所を決め、ご家庭で確認しておきましょう。休校措置期間中でも開いている公共施設や習い事の場所、友達の家などお子さまになじみのある場所がおすすめです。近所の保護者どうしで互いの家を「逃げ込める場所」として協力し合うのもよいですね。

○万が一のときの緊急通報について教えておく。
万が一のときを想定し、警察=110番、消防=119番と通報先を教えておきましょう。どちらにかければよいかわからない場合は、110番にかけるよう伝えます(ケースによっては消防に要請してもらえます)。通報の際、大切なのは「現在地(住所)」を伝えることです。確実に通報できるよう、メモを用意しておくとよいでしょう。
警備会社につながる「非常ボタン」などが設置されている住居であれば、その場所や使い方も確認しておきましょう。

保護者ができる、留守番時の防犯ポイント

 お子さまだけで留守番をさせる前には、お子さまが家の中で安全に過ごせるよう、また、万が一のときにムリなく確実に行動できるよう、準備を整えておくことも大切です。そのポイントをご紹介します。

○子供と一緒に安全の確認をする。
子供の目線は大人とは異なります。家の中で安全に過ごすための方法をお子さまと一緒に確認してみましょう。飛び出している釘や高い場所から落下しかねない荷物など、大人では気づきにくい「安全のポイント」が見つかるかもしれません。

○大切なことはメモに書いておく。
忘れてはいけないことや、お子さまが留守番時に必要になる連絡先、万が一のときに逃げる場所などについてのメモを用意して、すぐにわかる場所に貼っておきましょう。

○事故防止、災害発生時の準備もしておく
留守番の間、転倒や転落、火や水の事故などにならないよう大人が確認しておきましょう。
冬場の暖房器具の扱い方など安全のためのルールは、大きめのメモに書いて貼っておくとわかりやすくなります。飲料水や食べ物も多めに用意しておくと安心です。

 続いて、子供だけで外出するときの防犯ポイントを「安全インストラクター直伝!『子供だけの外出』のときの防犯ポイント」でご紹介します。