高学年のストレス対処法 その2 ~ケース別対処法QA&体験談~

 高学年になると、勉強や習い事、学校の課外活動などで忙しかったり、友達関係も複雑になったりなどストレスを感じることも増えるようです。そこで今回は、高学年のケース別ストレス対処法を心理カウンセラーの袰岩先生にQ&Aで伺い、あわせて先輩ファミリーの体験談もご紹介します。
「高学年のストレス対処法 その1 ~ストレスを乗り越える力を育むには?~ 」では、高学年のストレスの特徴と対処法をご紹介しています。あわせてご覧ください。

【お話】
袰岩 奈々(ほろいわ なな)先生
心理カウンセラー。不登校生徒やその家族の教育相談員などを経て「カウンセリングルーム・プリメイラ」を開設。学生、女性のカウンセリングや、企業・学校教育関係者を対象とした感情・コミュニケーションをテーマにした研修も多く実施している。現在、ハワイ在住。『〇のない大人 ×だらけの子供』(集英社新書)など著書多数。

Q 腹痛や頭痛、湿疹など、ストレスで体に症状が出たときの対処法は?
A まずは体のケアを大切に。
 心をさらけ出せないため、体に出ている状態です。こういう場合にはストレスを解決するより先に、まずは体の症状を和らげてあげましょう。必要があれば、症状に合わせて内科や皮膚科を受診しましょう。また、スキンシップは心を癒やす効果もあります。おなかをさすったり、よしよししたり。自分の体を心配するおうちのかたの気持ちが子供を安心させ、ストレスを減らすことにつながります。

Q イライラして、家族に八つ当たりしてしまうときの対処法は?
A 直接対決はNG。気分転換をすすめましょう。
 この時期、自分をコントロールできずに感情の起伏が表に出てしまうことはよくあります。おうちのかたはイライラをぶつけられたとしても、真正面から対決しないことが大切です。さらりと受け流したり、その場から逃げたりするのもいいでしょう。その後、落ち着いてから一緒に出かけるなど気分転換に誘って、イライラとのつきあい方や解消法のヒントを与えてください。
 下の子に当たる場合は、下の子に「あなたのせいじゃない」とケアをしておきましょう。さらに、公平な立場で冷静に「八つ当たりは理不尽である」ということを本人にも下の子にも伝えることが大切です。伝えることで、下の子も「家族が自分のことをわかってくれている」と意識でき、兄や姉の八つ当たりを許す心の余裕ができることもあります。

Q 物に当たったり、言動が荒くなったりするときの対処法は?
A 過度の心配は不要。見守るのがおすすめです。
 壁を蹴ったり机をたたいたりといった行動は、ストレスがたまるとよくあるものです。それまでにはない荒い行動に、過度に心配したり注意したりしてしまいがちですが、ここはいったん見守りましょう。
 また、なかには放課後や休日に家から出たがらず、引きこもりがちになる子供もいます。引きこもるのは、周りからの刺激が多すぎることが原因の場合があります。まずはゆっくり休ませて。1週間程度ならば、放っておいても大丈夫です。
 ただし、行動がひどすぎたり長く続いたりするようであれば第三者に相談することを考えましょう。スクールカウンセラー、学校の担任、地域の相談員、また、ママ・パパ友達や先輩保護者に相談するのもいいですね。同年代の子供の様子がわかるだけで、対処の参考や安心感につながることもあるものです。自分がこの時期どうだったか思い出すのも、対応のヒントになります。

 続いて先輩ファミリーに、わが家流「子供のストレス対処法」を伺いました。

4年生
とにかくスポーツが大好きで体を動かしたい子なので、外で思いきり遊ばせて、ストレス発散させています。

抱っこしたり、別の話をしたりして、ストレスの問題から気をそらせています。

いつもは弟と入るお風呂ですが、ストレスがたまっていそうなときにはゆっくり一人で入らせることにしています。一人だと、のびのび歌を歌って楽しそうですよ。

イライラしているときはとにかく放っておきます。イライラしているときに怒るとヒートアップして逆効果なので黙って何も言わないようにし、見守りながら時間が過ぎるのを待っています。

5年生
ストレスがたまっていそうなときには、習い事を休ませて、パーッとカラオケです! 親子でスッキリしますよ。

あまりいろいろ干渉せず、いつもよりおやつを多めに出すようにしています。

庭でバーベキューをします。時間がない日は、ウッドデッキにテーブルを置いて食事をするだけでも解放感があり楽しめます。子供たちは、そこで食事をしたり大声で歌ったりするとストレスを解消できるようです。

話さないと気持ちも伝わらないと思うので、おやつを一緒に食べながらおしゃべりをします。たわいない会話を心がけ、何でもいいからたくさん会話して、ストレスを解消させるようにしています。

6年生
イライラすると自分の部屋にこもってクールダウンしている様子。こちらも子供が自分から出てくるまでは放っておきます。

妹たちの見ていないところでそっとお菓子をあげるなど、「特別だよ」という感じをもたせるようなことをしています。

食べることが好きなので、週末の夜は家族でバーベキュー大会をします。その他、ピザ作り、ギョーザ大会などおいしいものを好きなだけ食べ、ストレス発散させています。

一緒にテレビのバラエティー番組を見たり、トランプで遊んだりします。何気ない話をして、たくさん笑うようにしています。

とにかく、話を聞きます。話していると、子供の愚痴大会になりますが、吐き出せばスッキリできるようですよ。

 参考になる対処法はあったでしょうか? 子供に合う対処法で、自らストレスを乗り越えていけるようサポートしていけるとよいですね。