勉強がぐんとはかどる、「片づけ」習慣を身につけよう!

 小学生のご家庭では、「勉強しようと思っても、必要なものがすぐ出てこない」「探し物をしているうちに、やる気が失せてしまった」など、整理整頓に関するお悩みが案外多いようです。そこで今回は、勉強がはかどる「片づけ」について、整理収納アドバイザーの橋口真樹子先生に伺いました。

【お話】
橋口 真樹子(はしぐち まきこ)先生
一般社団法人「親・子の片づけ教育研究所」理事。家庭内の片づけを、しくみづくりとコミュニケーションの両面から伝える講演会やセミナーは、片づけと育児に悩む保護者に好評。著書に「ひと声かければ5分で片づく!子どものお片づけ」(青月社)、「親が知っておきたい大切なこと① 自分から片づけるようになる整理整頓」(旺文社)など。

「片づけ」は、勉強に効率よく取り組むための大事な習慣

 机まわりが散らかっていると、すぐに勉強に取りかかれなかったり、必要な勉強道具が見つからなかったりして、せっかくの勉強へのやる気もダウンしてしまいます。
 「片づける」とは、見た目をきれいにすることではなく、物事にすぐに取りかかれたり、集中して進められたりなど、やるべきことに効率よく取り組める環境をつくること。学習を段取りよく進めるためにとても役立つ習慣です。片づけのコツは、身のまわりの物の中から「必要な物」を選択し(=整理)、「使いやすく配置する」(=収納)こと。さっそくそのやり方を5つのSTEPでご紹介します。

「片づけ」がうまくいく5つのSTEP

STEP1 目的を決める
例えば「すぐに勉強に取りかかれるスペースをつくる」「勉強するとき、使いたい物がすぐ見つかるようにする」など、なんのために片づけるのか、目的を明確にします。

STEP2 「必要な物」と「不要な物」を分ける
目的に沿って、「必要な物」と「不要な物」を分け、「不要な物」は別の場所に移します。

STEP3 グループに分ける
STEP2で分けた「必要な物」を、さらに「学校」「チャレンジ」など、グループごとに仕分けします。

STEP4 優先順位を決めて、「よく使う物」から順に場所を決める
グループごとに定位置を決め、さらに教科書やノート、辞書などよく使う物から順に、取りやすい場所を置き場所として定めていきます。

STEP5 ここまでのSTEPであふれた物は、まとめるか処分をする
ここまでのSTEPであふれたものは、STEP2で分けた「不要な物」の仲間です。処分すべきか判断できない物は、保留箱などでいったん保管し、期限を決めて処分しましょう。

「片づけ」を長続きさせるには?

 いったんきれいにしても、すぐに元通りになってしまったのでは、せっかくの「片づけ」も意味がありません。長続きさせるには、おうちのかた主導ではなく、お子さまと相談しながらステップを進めることが大切です。お子さまの意思を尊重した「片づけ」を通して、「すっきりしていて、気持ちがいいな」「使いやすくてうれしいな」と実感できれば、「気持ちのよい環境を保とう」という意識が育まれます。この気持ちが、進んで片づける習慣につながるからです。
 おうちのかたにとっては「少々見た目が悪いな」と感じられることもあるかもしれませんが、そんなときこそお子さまが考える、「使いやすく気持ちのよい片づけ」を尊重するよう心がけていきましょう。

 片づけに関する、よくあるお悩みの対処法を別記事でご紹介しています。「勉強がぐんとはかどる、学習環境のための『片づけ』Q&A」をご覧ください。