おこづかいにまつわるお悩みQ&A

 小学生になると「おこづかいがほしい」と言い出すお子さまもいるのでは? 小学生のご家庭に起こりがちな、おこづかいについてのお悩みに、子供の金銭教育に詳しい鈴木達郎さんがQ&Aでお答えします。

【お話】
鈴木 達郎(すずき たつろう)さん
認定NPO法人 金融知力普及協会事務局長。金融知力インストラクター。ITコンサルティング、広告代理店を経て、2005年より現NPOに参加。「全国高校生金融経済クイズ選手権 エコノミクス甲子園」などを企画、実現。小学生から大学生を対象にした講演も多数。共著に「8歳からのお給料袋」(幻冬舎)。

Q おこづかいは、毎月決められた額を渡す「定額制」、お手伝いに合わせた「報酬制」、どちらがよいですか?
A 将来に役立つ金銭感覚を身につけるには「定額制」がおすすめです。
 大人になると多くの人が毎月決まった額の給料でやりくりすることを考えると、給料に近い「定額制」で学ぶことをおすすめします。将来、決まった金額を自分でマネージメントする練習ができるからです。報酬制は、毎回金額が変わる可能性もあり、管理が難しくなりがちです。そもそも、お手伝いは家族の一員としての義務。報酬のためにお手伝いをしていると、「お金はいらないからお手伝いはしない」という考え方になってしまうこともあるかもしれません。

Q 小学生のおこづかいとしては、いくらあげるのがよいでしょうか?
A ベストな額はご家庭によって違います。ご家庭の方針に従って決めましょう。
 お金の使い方は、家庭によって違うもの。まずはおこづかいでお子さまに、自分の趣味や嗜好品などにかかるお金だけを管理させたいのか、学校生活に必要な学用品などのお金も含めて管理させたいのかを考えましょう。1か月に必要なもののリストを作って金額を書き出し、お子さまと話し合いながら、おうちのかたが払うものと子供が払うものとに分け、子供が払う分をおこづかいの額として設定します。
 最初のうちは、学用品など必要な物はおうちのかたが払い、お菓子などはおこづかいから出すのがよいでしょう。お子さまも管理がしやすいと思います。

Q 「お財布をなくしちゃった」「おこづかいを使いすぎて、お友達に誘われても遊びに行けない」といったケースにはどう対応するのがよいでしょうか? お金を渡してやりたい気持ちにもなり、心が揺れます。
A トラブルが金銭感覚を育むチャンスです。お金は渡さず、失敗を次月のおこづかいに活かすようアドバイスしましょう。
 お子さまの失敗に、おうちのかたが心を痛めるのはよくわかります。しかし、ここでお金を渡しては「親に頼ればお金はどうにかなる」という意識が生まれるだけです。この失敗を、金銭感覚を伸ばすチャンスに変えましょう。まずは、お子さまの管理不足で失敗したのですから、ここは心を鬼にして「増額はなし」です。本人は泣いて悔しがるかもしれませんが、この辛い経験がお金の管理力を高めるきっかけになります。おうちのかたは失敗を叱らず、冷静にアドバイスをしてあげてください。

Q 友達のほうがおこづかいが多いと訴えます。増額したほうがいいか、悩みます。
A 友達のご家庭に合わせる必要はありません。財布の中身の違う人とつきあう力をつけるチャンスにして。
 大人になれば、お金に対する価値観が違う人とつきあうこともあります。財布の中身が異なる人とつきあう経験は大切です。「うちはうち」としっかり伝えたうえで、自分のお金の範囲でつきあうにはどうしたらよいのかを考えさせましょう。ただし「おごり、おごられ」「貸し借り」は厳禁と伝えてください。お金が友情を壊し、トラブルになる怖さを伝えておくことが大切です。「もし、あなたがお金を返してもらえなかったら?」などと、具体的にイメージさせるといいでしょう。

Q 祖父母からもらうお年玉が高額です。どう管理させればいいでしょう。
A 期限と金額を決めて使わせ、余った分は貯金を。
 できるなら大人の間で小学生にふさわしいお年玉の額について話し合う機会があるといいですね。ただせっかくのお年玉です。くれたかたの気持ちもありますし、子供にとってもお金の計画的な使い方を楽しく学ぶよい機会でもあります。「何か一つだけ、相談して高価なものを買ってもよい」「もらった中のいくらか分だけ、三が日の間だけは自由に使ってよい」など、ルールを決めましょう。余った分は、お子さまの名義で貯金するようにします。おうちのかたと一緒に口座をつくったり、ATMで入金したりすることも社会勉強になります。

 おこづかいは、お子さまの金銭感覚を育むよいチャンスです。その運用のしかたや見守りのポイントについては、別記事「おこづかいから考える、小学生の金銭教育Q&A」でご紹介しています。あわせてご覧ください。