<高学年向け>「今日の大事」を見極めて、学習を効率UP!

 クラブ活動や委員会、習い事などで忙しくなる高学年。帰宅後の限られた時間の中で、効率的に学習を進めていくにはどうすればよいのでしょうか? 効率よく物事を処理していくノウハウに詳しい鳥原さんにお話を伺いました。

【お話】
鳥原 隆志(とりはら たかし)さん
(株)インバスケット研究所代表。ビジネスや教育の現場で、制限時間内に効率よく物事を処理していくための能力を育成する思考法「インバスケット」研究の日本における第一人者。そのための教育ツールの研究・開発、講演活動などに幅広く取り組んでいる。「やらないことを決めなさい」(マガジンハウス)など著書多数。

忙しいときこそ、優先順位づけが大事
その方法とは?

 放課後の活動や習い事など、やることがたくさんある高学年。帰宅してからの限られた時間の中で効率よく学習を進めていくためには、優先順位をつけることが大切です。
 とはいえ、「優先順位をつけるということは、全てをこなすための順位づけをすることではありません」と鳥原さん。「学習の効率をUPするためには、むしろ全てをやろうと思い込まないことが大切です」。
 高学年以降、中学校や高校では、学習でも部活でもやることが増え、時間はますます限られていきます。「とにかく全部をやらなくちゃ」「どれも全力で取り組まなくちゃ」「カンペキにやらなくちゃ」と思いこんでいると、全てが中途半端になってしまうことも。「そのようなときこそ、今いちばん大切なことは何か、何に全力で取り組むべきなのか、『今日の大事』を見極めることが大切です」。「今日の大事」こそ、その日に最優先で取り組むべき課題。これを見極めることで、限られた時間の中でもやるべきことを効率的にこなしていくことができます。
 高学年の今のうちから「今日の大事」を見極める力を身につけておけば、これから先の学習にも効率的に取り組んでいくことができるはず。さっそく、STEPに沿って「今日の大事」を見極める方法をご紹介します。

STEP 1
「やること」を全部書き出す
「やること」を頭の中だけで考えていると量や内容が把握できず、気持ちだけが焦ってしまいます。まずは、「算数のドリル 2ページ」など一つひとつの「やること」を具体的に書き出します。書き出すことで「やること」が目に見えるようになり、全体を把握することができるようになります。
 書き出したらお子さまと一緒に全体を眺め、感じたことを話し合いましょう。よく見ると、「時間がかかるもの・かからないもの」、「重要なもの・そうでないもの」などがあることに気づきます。「大人は計画を立てることに慣れていますが、子供はそうではありません。時間の感覚もあいまいです。そこで全体を見たうえで『逆算する』という大人の視点を使って、『やるべきこと』を整理するアドバイスをしてあげてほしいのです」。例えば、「量が多いから何か減らしたほうがよさそうだね」と量を意識させたり、「7時からのTVを一緒に観る約束だから、7時までには終わらせたいよね」と時間の区切りに気づかせたり...。話し合うことで、物事の優先順位をつけるイメージをお子さまと共有しておきましょう。

STEP 2
書き出した「やること」に優先順位をつけ、「今日の大事」を決める
STEP 1で書き出した「やること」の中から、お子さまと一緒に「今日の大事」を決めます。このとき注意したいのが、全てを詰め込みすぎないこと。「大人でも『今日の大事』が2割、それ以外が8割というのが目安です。高学年なら『今日の大事』を3つくらい選ぶと考えてみては?」と鳥原さん。
 例えば「明日までの宿題」のように期限があってその日にやるべきことを1つ、「計算が速くなりたいからドリルをがんばりたい!」などお子さま自身のやりたいことやがんばりたいことを1つと、お子さまの気持ちを大切にしながら2~3つの「今日の大事」を選び出します。
 「今日の大事」以外は「できればやること」とし、時間がなければ週末など時間のあるときに回します。こうしてその日にやるべき「今日の大事」がわかれば、何に集中するべきかが明確になります。あれもこれもと気になることが少なくなるので、学習の効率をUPすることができます。

カレンダーなどを使って、1週間分の計画を立ててみよう!

 「今日の大事」を決めることに慣れてきたら、カレンダーなどを使って1週間の予定表を作ってみましょう。

1.1週間の「やること」を全てふせんに書き出す。
まずは、全ての「やること」をふせんに書き出します。「漢字の書き取り 1ページ」など具体的に書いておくと、かかる時間がわかりやすくなります。お子さまと一緒に「どれくらいあるかな?」などと楽しく話し合いながら書き出していきましょう。
2.1日のふせんの中から「今日の大事」を選ぶ
1日のふせんの中から、「今日の大事」を3つずつ選びましょう。このとき「期限が近いからこっちが先ね」などと期限だけを重視するのではなく、お子さまの「やりたい!」「がんばりたい!」という気持ちも取り入れるのが取り組みの意欲をUPさせるコツです。
3.ふせんを順にカレンダーなどに貼っていく
1週間が見渡せるカレンダーや表などを用意して、日付の下に「今日の大事」から順にふせんを貼っていきます。その下に「できればやること」のふせんを、偏らないよう調整しながら貼っていきましょう。
4.取り組んだ内容によって、ふせんを調整する
あらかじめ「取り組んだらふせんをはがしてよい」ルールを決めておくと、それが楽しみになって取り組みの意欲もUPします。はがすことでお子さまは達成感を感じることができ、おうちのかたは取り組み具合を目で見て確認することができます。こなせなかったふせんは時間のある曜日や週末に貼り直すなどして予定を調整していきしょう。

 最初はうまくいかなくても、ふせんを使った工夫で楽しく取り組んでいるうちにだんだん「今日の大事」を見極める力が身につきます。おうちのかたは、お子さまが自ら決めて取り組み、その結果「やるべきことができた!」というスッキリした気持ちを味わうことができるようサポートしていきましょう。この気持ちが、限られた時間の中でも上手に計画を立て、効率的に物事に取り組む意欲へとつながっていきます。