<低学年>計算のつまずきポイントとその解消法

算数の問題に計算はつきものです。1・2年生のうちから基礎をしっかり固め、ミスを出さない、確実な計算力を身につけていきたいものですね。そこで今回は、1・2年生の計算でつまずきやすいポイントとその解消法をご紹介します。

1年生のつまずきポイント
くり上がりのあるたし算
くり下がりのあるひき算

 低学年は、くり上がり・くり下がりのある計算がニガテなお子さまが多い様子です。その原因は、10に対する補数がすぐにわからないこと。くり上がりやくり下がりのある計算では、10のまとまりをつくるために「9」ならば「1」などとすぐに補数が出せることが大切です。
 例えば、「9+4」の計算は以下のようになります。

① 10のかたまりをつくるために、まず4を1と3に分ける
② 9に1をたして10のかたまりをつくる
③ ②に、残った3をたして「13」と答えを出す
stoc1908lear0066-8月号ニガテ低学年1_R.JPG
この①のステップで、9の10に対する補数が1とすぐに出てこないためにつまずいてしまうのです。これを解消するには、2つの数で10をつくることに慣れるのがいちばんです。そのためには、おはじきやブロックなどを使って「9といくつで10になるかな?」とクイズのように問いかけ、「9と1で10、8と2で10...」などと10にするトレーニングをしましょう。算数では10を分解したり、合成したりして計算することが多いので、できるだけ早いうちにその感覚を身につけておくのがおすすめです。

解消法
2つの数で10をつくることを身につける

2年生のつまずきポイント その1

ひき算のひっ算

ひき算のひっ算で、よくあるまちがいのパターンは以下の3つです。

① 下の数から上の数をひいてしまう
② くり下がりの数を忘れる
③ くり下げていないのに、くり下げたと思い込んで計算してしまう

 ①は、とにかくひき算は「大きい数から小さい数をひくもの」と思い込んでいるのが原因です。そのため、ひっ算の途中で「24-5」などが出てくると、4から5がひけないため十の位の数のことを忘れて、「5-4」と一の位で下の数から上の数をひいて計算してしまうのです。これを防ぐためには、くり返し計算に取り組んで「一の位だけではひけないときは、十の位から1をくり下げる」ということを定着させるのがおすすめです。また、②③のまちがいを防ぐには、くり下げた後の数をメモする習慣をつけておくのがよいでしょう。
 お子さまによって、上の3つのうちどのまちがいをしやすいか、決まっているものです。学校の宿題が出たときにはお子さまと一緒に答え合わせをするなどして、わが子のまちがいのパターンをつかんでおきましょう。そのうえで、まちがえやすいポイントをお子さまと確認し、計算するときにはそこに注意するよう声かけしていくのがおすすめです。「注意ポイント」などとして紙に書き出し、机から見える所に貼っておくのもよいですね。

解消法
・くり返し計算に取り組んで「ひけないときは、隣の上の位から1をくり下げる」ことを定着させる
・自分のまちがいのパターンを意識させる

2年生のつまずきポイント その2

かけ算の4の段、7の段

 2年生の山場といっても過言ではない九九。その中でも特につまずきやすいのが、「4の段」と「7の段」です。九九を覚えようとして「し」や「しち」と口に出したときの音が似ているためまちがって記憶してしまうのです。これを防ぐには、まちがいに気づけるように、時間をかけてくり返し取り組むのがいちばんです。また、自分がまちがえやすい段を意識させ、その段には気をつけるよう声をかけていきましょう。

解消法
・まちがいにすぐ気づけるよう、くり返し取り組んで定着させる
・自分がまちがえやすい段を意識する

 1・2年生の計算力は、中学年以降の土台となります。ご家庭で答え合わせをする習慣をつけるなどしてお子さまのつまずきポイントを把握し、確実な計算力が身につくようサポートしていきましょう。