<3・4年生向け>新学期好スタート! わが家の工夫

 もうすぐ夏休みが終わりますね。保護者のかたの中には、「昨年を思い出すと、生活リズムをうまく立て直せるか心配...」というかたもいらっしゃるかもしれません。先輩ファミリーの体験談*を参考に、対策を考えてみてはいかがでしょうか?
*「進研ゼミ」調べ(小学1~6年生の保護者サポーターアンケートより)
※<1・2年生向け><5・6年生向け> はリンクからご覧ください。

 まずは、夏休み明けに「生活リズムが乱れて、困った!」というご家庭の様子をご紹介します。

「生活リズムが乱れて、困った!」体験談

■実家に長期間帰省していたので帰省気分が抜けず、もとの生活リズムに戻すのに時間がかかってしまいました。
■夏休みの前半で宿題を終わらせたのは良かったのですが、そのあとから取り組む家庭学習が少なくなり、新学期に入って机に向かうのが苦痛になってしまったようです。
■就寝時間が遅くなって、休み明けも起きられず、もとに戻すのに時間がかかりました。
■夏休み明け直前に旅行に行ってしまい、帰ってすぐに学校だったため、子供も疲れが取れないようでした。
■新学期が始まると、朝起きられない、忘れ物をする、学習の手を抜くなど生活の乱れがいろいろな形になって出てしまいました。

 中学年になると、ある程度体力はつくものの、夏休みを満喫しすぎてしまい、2学期への切り替えが難しい、といったこともある様子。生活のスケジュールや勉強などは、ご家庭でうまくリードしてあげることも大切かもしれません。そのために、先輩ファミリーが考えた「生活リズム対策」をご紹介しましょう。

今年はこんな対策をします!

■早寝早起きの習慣を崩さないよう、親子で一緒に朝のランニングをしています。
■夏休み後半の旅行などは避け、夏休み明けの数日前くらいから、学校に行っているときと同じ生活リズムに戻すようにしたいと思います。
■最後の週はゆっくりできるように、今年は親がスケジュールをチェックしています。
■学習のスケジュール表をしっかり作りました。たくさん勉強して自信がつくと、2学期からも積極的にがんばるぞ! という気持ちになれると思います。

 親子で「一緒に」取り組むことで、生活リズムを整え、学習へのやる気も盛り上げていけるとよいですね。実際に、生活リズムをスムーズにもとに戻して、2学期の好スタートを切ることができたというご家庭の工夫をご紹介します。

スムーズに生活リズムを戻せた、先輩ファミリーのひと工夫

■旅行などの行事のとき以外は、夏休み中も毎日5分は必ず勉強する約束をしました。ラジオ体操にもほぼ毎日通っていたので、自然に早寝早起きができたのも良かったと思います。
■8月下旬からは「学校が始まるね・楽しみだねモード」に切り替われるよう、2学期が楽しみになるような声かけを心がけました。
■通知表を見ながら、良かった点とこれから努力するべき点を話し合い、目標を決めました。少したるみがちになったときには、「2学期にはどうなりたいんだっけ?」と声をかけ、生活リズムとやる気がキープできるよう励ましました。

 夏休みも終盤。先輩ファミリーのアイデアをぜひ試してみてはいかがでしょうか?