<1・2年生向け>新学期好スタート! わが家の工夫

 もうすぐ夏休みが終わりますね。2年生以上の保護者のかたの中には、「昨年を思い出すと、生活リズムをうまく立て直せるか心配...」というかたもいらっしゃるかもしれません。先輩ファミリーの体験談*を参考に、対策を考えてみてはいかがでしょうか?
*「進研ゼミ」調べ(小学1~6年生の保護者サポーターアンケートより)
※<3・4年生向け><5・6年生向け> はリンクからご覧ください。

 まずは、夏休み明けに「生活リズムが乱れて、困った!」というご家庭の様子をご紹介します。

「生活リズムが乱れて、困った!」体験談

■生活リズムが取り戻せなかったので、学校生活にすんなりと戻るのが大変でした。学校と習い事の両立がしばらくしんどかったようです。
■夏休みのゆるい生活リズムから抜けきれず、学校が始まっても朝不機嫌で、だらだらと準備に時間がかかりました。毎朝親子げんか状態でうんざりしました。
■疲れがたまっていたようで、家に帰ってきてからすぐに寝てしまい、宿題も終わらない日もありました。

 低学年はまだ幼いため体力がついてこず、生活リズムの乱れが体調に影響することも多いようです。生活リズムを整えることで、十分に休息をとり、残暑にバテない体力がつくよう気を配ってあげたいですね。そのために、先輩ファミリーが考えた「生活リズム対策」をご紹介しましょう。

今年はこんな対策をします!

■遅くまでテレビを見ていることが多かったので、早めにきりあげ、早寝早起きをさせるようにしたいです。
■親子共、学校が始まる数日前からは早起きをして、リズムを整えるのはもちろん、登校時間にはきちんと準備ができているようにするつもりです。
■夏は特に疲れがたまるようなので、時間に余裕をもって行動させようと思います。

 早寝早起きを心がけることで、生活リズムを崩さないようにすることがポイントになりそうです。実際に、生活リズムをスムーズにもとに戻して、2学期の好スタートをきることができたというご家庭の工夫をご紹介します。

スムーズに生活リズムを戻せた、先輩ファミリーのひと工夫

■夏休みが終わる少し前から、学校のある日の生活リズムに戻しました。
■夏休み中も、毎日勉強するリズムを崩さないようにしました。2学期の予習を一緒にするなどして学習にもスムーズに取りかかれるように心がけていました。
■休みに入っても、早寝早起きを心がけました。旅行などでリズムが狂ったときもずるずると起床時間を遅らせず、数日でリズムを戻すようにしました。
■休みの終盤は無理な予定を入れずに、体調を整えるようにしました。休養を十分に取り、新学期に向けてやる気満タンにしておくのがポイントです。
■自分で夏休みの計画をしっかりと立てさせ、そのとおりにできたという達成感が得られるようにサポートしました。充実した夏休みが過ごせれば、2学期もよいスタートがきれると思います。

 夏休みも終盤。先輩ファミリーのアイデアをぜひ試してみてはいかがでしょうか?