• 全学年
  • スタイル共通

更新日:

「プログラミング教育」って、いったいなに?

----最近テレビや雑誌で「プログラミング教育」って、よく聞くんだけど。。。

テレビやメディアで「プログラミング」というワードを聞くことが多くなってきましたね。急に増えた理由として、2020年度から小中学校で実施される新学習指導要領では 小学校段階における「プログラミング教育」が必修化されるという背景があります。 また、中学校の新指導要領では技術・家庭科でプログラミングの内容が増え、 高校の指導要領では「情報Ⅰ」が共通必修科目として新設されます。

----え!小学生から必修化!そもそも「プログラミング」の意味が分からないのに必修化と言われても。。

ご安心を。まず「プログラミング」という言葉の意味を少しご説明しましょう。 プログラミングとは、端的にいうと「コンピュータに与える命令を作る」ことです。 例えば、自動販売機で説明すると「お金を受け取る(入る)⇒ボタンを押される⇒ドリンクを出す⇒お釣りを出す」 という一連の流れが「プログラミングされている」ということになります。 このように、プログラミングは家電やスマートフォンなど、身の回りでもたくさん使われています。 洗濯機、掃除機、自動ドア、信号など、、、結構ありますね。 お子様と一緒に「なんかこれ、プログラミングっぽい!」と探してみると、身近に感じやすいかもしれません。

どうして小学校からやる必要があるの?

――プログラミングをする人って専門的な人だから、大人になってからやればいいんじゃない?

たしかにプログラミングをする人は「プログラマー」という職業の人で、 その人たちは「コーディング」という専門スキルを使ってプログラムを作り上げます。 ここがポイントです! 実は、小学校のうちに求められているのは、この「コーディング」という技術習得ではなく、 「プログラミング的思考」という論理的思考を養うことが重要である、とされています。

――プログラミング的思考???

プログラミング的思考とは「目的を持って、手順を考え、さらにその手順を見直すことで課題を解決する」 という論理的思考のことを言い、先の見えにくいこれからの社会を生き抜いていく力として非常に重要な力です。 「先の見えにくい」というとやや不安になりそうですが、逆に言えばお子様の可能性をどんどん広げられる未来だということです。 可能性をどんどん広げていくために、プログラミング的思考を小学生からしっかり養っておく必要があります。

「進研ゼミ」でプログラミング的思考が身につくってホント!?

はい、任せてください! 進研ゼミのプログラミング教材は、お子様の「自分でやる」「自分で作る」ということを大事にし、 「プログラミングの基本」をスモールステップで丁寧に理解できる教材を高学年向け(4年生から6年生)にお届け予定です。 一方的な教え込みでなく、お子様の発想を自由に伸ばせる教材設計で、お子様の可能性をどんどん広げます。 もちろん、新学習指導要領で言われている教科の学びを深める教材も高学年向け(4年生から6年生)にお届けする予定。 プログラミング的思考を身につけた子供たちがどんな未来を作るのか楽しみですね。 ※次回の配信で具体的にどのような教材をお届けするかをレポートします!

進研ゼミ小学講座 プログラミング教材担当 上村

▼2018年度進研ゼミ小学講座の講座登録はおすみですか? まだのかたはコチラ(2/26まで)▼

  
記事一覧に戻る