• 全学年
  • スタイル共通

更新日:

小学校の英語が教科になる? 傾向と進研ゼミの対策とは?

2020年度から小学5、6年生で英語が算数や国語同様の「教科」になります。 新学習指導要領では、使える英語に必要な「聞く」「話す」「読む」「書く」の「英語4技能」を小学生のうちから育成することになります。 と聞いても、具体的に4月から何がどう変わるのか、ピンと来ないですよね? また、今から何をしておけばいいんだろうと不安になるおうちのかたもいらっしゃるかもしれません。 今回は、編集室に寄せられるおうちのかたのご質問に答えながら、進研ゼミでご用意している対策をご紹介していきます。

ギモン1:【お子様:新小3】幼稚園の頃に英会話を習わせていたんだけど、あいさつ程度しか覚えていないかも。3年生から英語があるなら、今のうちにアルファベットを書く練習をさせたほうがいいかしら?

小学校3、4年生には、現在の5、6年生で実施されている「外国語活動」がおりてきて、次の4月から多い学校では年間35時間、少ない学校でも15時間の授業時数が予定されています。(学校・地域によって異なる) 英語を「聞く」「話す」活動をしながら、英語の音や表現に慣れ親しむことを目標にしています。 中学のようにいきなり英文を読んだり、アルファベットを書いたりする授業ではありませんので、ご安心ください。 ちなみに「アルファベットの書き」は、現在中1からですが、新学習指導要領では小5から始まります。

では、3年生の「外国語活動」の授業ってどんなことをするのでしょうか? 最初はあいさつ、名前、好きなものを伝え合うことからはじめて、数や身の回りの物(食べ物・文房具など)の言い方をクイズやゲームなどで学習します。 どうですか?そんなに難しくなさそうですよね?

たとえばorange juice を聞いて、普段外来語として聞いている「オレンジジュース」との音声の違いを発見し、耳から聞いたままに発話してみることが大切です。 耳がいい小学生だからこそ、文字からではなく、「耳から」英単語や表現を広げていくことを重視したいですね。 おうちのかたの中には英語の発音に自信がないから教えられない、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

進研ゼミ小学講座では、ご受講スタイルに関わらずネイティブの発音を自宅で何度でも聞ける教材をご用意しています。 オリジナル講座では、誌面を見ながら英語音声が聞ける教具をご用意しています。 2018年度からの新学習指導要領に対応した内容で、ご自宅で楽しみながら「聞く」「話す」力を伸ばせるので、ご安心ください。

小3誌面_教具合体_s.png

また、教材内の単語ゲームやリスニングクイズはお子様が「勉強!」と構えずに取り組めるので、他の教科をやる気が出ないとき、他の教科をがんばった後にプチごほうびとしてやっているよ、というお子様もいらっしゃいます。

1-3_単語ゲーム_s.png

小学校の授業では、子供たちどうしで英語を話す機会も多いので、発音を気にしすぎないで、おうちでも英語で話してみませんか? お子様にGood!とほめて、伝え合う楽しさ、英語の好きな気持ちを後押ししていただければと思います。

ギモン2:【お子様:新小6】うちの子の小学校では、ALTの先生が来てゲームをやるなどの英語の授業が今もあるけど、来年から中学校と同じような授業に変わるの?

小学校5,6年生は「聞く」「話す」だけだった活動に、「読み」「書き」が加わり、学習時間も増えることになります。 次の4月から多い学校では年間70時間(+35時間)、少ない学校でも50時間(+15時間)の授業時数が予定されています。(学校・地域によって異なる) 「読み」「書き」と言っても、中学校の授業のように、文法や単語のつづりを覚えたりする必要はないので安心してください。

進研ゼミ小学講座では、母語の習得と同じプロセスで英語を無理なく学べるよう、「たっぷり聞く」を大切にしています。 何度も聞いて意味がわかる単語や英文を「読み」次に「書く」というスモールステップの学習法を取り入れています。 特に「書く」については、進研ゼミ中学講座の苦手分析に基づき、中学でつづりを間違えやすい単語を厳選し、ミスポイントを意識しながら毎月少しずつ単語や英文を書くことで、中学の先取りが無理なくできるようにしています。

小6誌面_クローズアップ_s.png

また、新指導要領では「夏休みの思い出」を伝える内容も加わり、中学校で習うような過去形の文も登場します。 といっても、授業のメインは「聞く」「話す」活動なので、例えば、I ate watermelon. をまるごと聞いて、I ate big ice cream.のように自分のことに置き換えて話せるようになればOK。 さらに、夏休みの思い出を伝え合う授業で、友達の言っていることをきちんと聞き取れて、Great! などリアクションを返せれば素敵ですよね。 「チャレンジ」ではリズムに合わせて「チャンツ」で英語を聞いて、耳から英語表現をまるごと定着できます。重要表現は音声教具「英語★歴史モバイルマスター」で気軽に何度も聞けます。

1-5_小6教具図版★★_s.png

また、4月号からは受講費内で使える「Challenge English ライト」で約1500単語までゲームで楽しく学べるようになります。 新学習指導要領では、中学校の英語の授業は英語で行われるようになり,中学校で学ぶ単語数が現行の1.2~1.5倍に増えます。 小学生のうちから聞いて意味がわかる単語の「耳貯金」を増やしておけると安心ですね。

1-6_CEライト_fishing_s.png

進研ゼミ小学講座 英語教材担当 坪倉

  
記事一覧に戻る