<チャレンジタッチ6年生>専用「スペシャルキーボード」で、タイピング スキルを身につける!

チャレンジタッチ

※この記事は2022年度「チャレンジタッチ6年生」4月号ご受講予定のかた向けの記事です。

ICT機器の活用が増える今どきの学習にはタイピング スキルが必須!?
gura.jpg

出典:ベネッセ教育総合研究所「小中学校の学習指導に関する調査2020」より
*ICTとは「Information and Communication Technology」の略で、情報通信技術のこと。近年では小学校の教育現場でも、コンピューターや情報通信ネットワークなどのICT機器が活用されている。

近年では、調べ学習や発表、プログラミングの授業などで小学校でもICT機器を活用する機会が増えています。
上のグラフは、小学校の先生に「ICT機器を活用して、どのような学習指導を行いたいか」をたずねた調査結果です。
学校現場で「1人1台タブレット」の活用が推進されている中、高学年になるほど活用の機会が増えそうであることがわかります。

その際には、文字を入力するためのタイピング スキルが欠かせません。文字入力に時間をとられてしまうと学習の効率が落ち、端末機器を扱うことにニガテ意識をもつことも。発表の資料づくりや調べ学習のためのインターネット検索など、今や学習を進めるうえでタイピング スキルは必須といっても過言ではありません。

ここで身につけておくと、中学や高校、さらには社会人になってからも大いに役立つスキルです。
そこで「チャレンジタッチ6年生」では、小学生のために特別に開発した「スペシャルキーボード」と、タイピング スキルが身につくアプリ「タイピングマスター」をご用意しました。6年生の学習に役立つよう、4月号でお届けします。

●初めてのお子さまでも楽しく使える「スペシャルキーボード」や、
アプリ「タイピングマスター」を使って、楽しくタイピング スキルが身につく!

小学生がタイピング スキルを身につけるのに最適な「スペシャルキーボード」と、それに連動したアプリ「タイピングマスター」。初めてキーボードにふれるお子さまでもムリなく楽しくタイピング スキルを身につけられる工夫が満載です。

★スペシャルキーボード★

board.jpg
「スペシャルキーボード」は、小学生の手の大きさに合うサイズのキーボード。
市販のものは、キーに大文字しか書かれていない場合が多いのですが、「スペシャルキーボード」では大文字と小文字が併記され、フリガナもついています。
小文字のローマ字になじんでいる小学生にとっては文字が見つけやすく、アルファベットの名前の読み方にとまどう場合にもフリガナでめざすキーが探しやすい仕様になっています。

※「スペシャルキーボード」は、チャレンジタッチ内のキーボード専用アプリで使用することを目的に開発したオリジナルのキーボードです。
※ ご自宅のPC等につないだり、チャレンジタッチの専用アプリ外で使用した場合の動作は保証しておりません。

●アプリ「タイピングマスター」の特長

「スペシャルキーボード」と一緒に使うアプリ「タイピングマスター」。
ホームポジションを覚えるところから始めて、タイピング スキルの上達に欠かせない指の使い方を身につけていきます。アプリの画面ではどの指を使うかが色分けして表示されているので、初めてのお子さまでもわかりやすく、「さわってみたい!」「やってみたい!」気持ちを刺激します。
6年生12月号キーボード2.JPG
キーボードを打ち始めるときの指の位置。キーを打ったあとにホームポジションに指を戻すことで次のキーが打ちやすくなります。

さらに、30秒で何文字打てるか、自分のレベルをチェックすることもできます。
スコアが表示され、お子さまのニガテなキーなどがわかるアドバイスがもらえます。できたことがしっかり評価されるのでやる気もUP! 
楽しく練習するうちに、自然にタイピング スキルを身につけることができます。
6年生12月号CT-結果画面.jpg

●5教科やプログラミング的思考の素地も学べて、一石鳥の「タイピングマスター」

せっかくタイピングするからには、「何を」打つかにもこだわりたいもの。「タイピングマスター」には、タイピング スキルが学べるモードのほか、タイピングで英単語練習をはじめとした5教科の基本内容、プログラミングに取り組むモードをご用意しています。
6年生12月号CT-英語プログラミング.JPG
sheet.jpg
 正しい指使いでタイピングができると、速いスピードでより多くの情報を処理できるようになります。コンピューターを扱うことが楽しくなり、6年生でのICT機器を活用した授業にも積極的に参加していけることでしょう。

※ここでご紹介している教材のデザイン、名称、内容、お届け時期は変わることがあります。