4年生の難単元「2けたでわるわり算の筆算」のつまずき解消法とは?

「2けたでわるわり算の筆算」でつまずくと、その先の算数でもつまずきやすい

4年生の2学期には「2けたでわるわり算の筆算」を学習しますが、「ニガテ」と感じるお子さまが多くいらっしゃいます。
この「2けたでわるわり算の筆算」のニガテをそのままにしてしまうと、4年生の3学期に学習する「小数÷整数のわり算」でもニガテが生まれる原因に。さらに、5年生で学ぶ「小数のわり算」、「割合」、「速さ」、「平均」、「単位量あたりの大きさ」などの単元でもわり算を多用するので、ニガテの連鎖が続いてしまう恐れがあります。

「2けたでわるわり算の筆算」のつまずきポイントとその解消法とは?

では具体的に、お子さまは「2けたでわるわり算の筆算」の学習のどこでつまずいてしまうのでしょうか。実は、「2けたでわるわり算の筆算」の計算を行うためにはたくさんの手順を踏まなければならず、お子さまが「難しい」と感じるポイントがそれぞれにあります。

<つまずきポイントは以下の4つ!>
①どこの数字を見比べて、どこに商をたてればよいのかわからない!
②九九を唱えてたてる商を見つけることができない!
③2けた×1けたのかけ算を、正しく暗算できない!
④商が大きすぎたときに、どうしたらよいのかわからない!

まず一つ目のつまずきは「商をたてる位を判断する」ステップの際に発生しがちです。
「いったいどこの数字を見比べて、どこに商をたてればよいのかわからない」と感じてしまうのです。

スライド1.jpg

この場合のおすすめの解決方法は、「まず、見なくてもよい数字を一度指で隠してしまう」ことです。以下のように、一の位を隠して「22÷32」をしてみましょう。「それだとわれない」という場合には指を離し、今度は「221÷32」でわれるかどうか、再度確認をするようにしましょう。

スライド2.jpg

次のステップでは「たてる商を考える」という作業をしますが、1けたでわる筆算の場合は、九九を唱えていけば商が見つかったのに対して、2けたでわる筆算の場合は、九九を唱えることができません。
そのため2けたでわる場合は、「『わられる数』と『わる数』をそれぞれ概数でとらえ直してから、商を考える」必要があります。

今回の場合は、「221」と「32」をそれぞれ「220」と「30」ととらえ直したうえで「22÷3」の計算をする必要があります。

スライド3.jpg

次のステップでは、「商にたてた数を、わる数にかける」という作業を行いますが、この際にも「2けた×1けたのかけ算が正しく暗算できない」というケースが発生しがちです。

今回の問題だと、まず「7×2」の計算をしたあとに「7×3」を計算するのが正しいのですが、その順番をまちがえてしまったり、かけ算の答えを書く位を誤ってしまったりするのです。

スライド4.jpg

この場合の解決策としては、「手順に慣れるために、かけ算の筆算の反復演習をしっかりする」「くり上がりの数をメモする習慣をつける」といったことに取り組みましょう。

スライド5.jpg

最後のステップとして、「たてた商が正しいかどうかひき算をして確かめて、適宜、商を直す」必要がありますが、「ひけないときに、どうしたらよいのかわからない」ために、とまどってしまうお子さまがいます。

スライド6.jpg

解決するためには、「商を修正する必要があるときの対応方法を知る」必要があります。「ひくことができない」ときには商を小さくする必要があり、逆に、「あまりが大きすぎる」ときには商を大きくする必要がある、ということをしっかりと覚えるようにしましょう。
また、あまりが大きすぎることに気がつかず、そのまま解答してしまうケースも少なくありません。「あまりが大きすぎないかどうか、最後にチェックする習慣」も身につけるようにしましょう。

スライド7.jpg

「2けたでわるわり算の筆算」では、このようにたくさんの手順の中で、それぞれのつまずきポイントに注意しながら答えを求める必要があるため、ニガテに感じてしまうお子さまが多いのです。

ニガテをつくらないためには、前述の観点をしっかりおさえたうえで、くり返し問題に取り組む必要があります。
「進研ゼミ 小学講座」では、2学期を通して、楽しみながら確実にわり算の力を伸ばしていける「わり算マスタープログラム」をご用意しています。

別記事の難単元「2けたでわるわり算の筆算」は「わり算マスタープログラム」にお任せ!<チャレンジ編>難単元「2けたでわるわり算の筆算」は「わり算マスタープログラム」にお任せ!<チャレンジタッチ編>も、ぜひご確認ください。


※この記事は、2021年7月に制作しています。新型コロナウイルスの影響による外出自粛等が続く場合、ご提案している内容が不適切となる場合もあります。その際は、お住まいの地域や個人のご事情等に合わせて、適宜、ご活用いただきますようお願いいたします。