教えて!赤ペン先生 音読はどんな反応で聞くと、子どもがやる気になる?

ほぼ毎日出される音読の宿題は、お子さまにもおうちのかたにとっても負担に思えることがありますよね。やる気になってくれるようにアドバイスをしたいけれど、どんな声かけをしたらよいかわからない、というおうちのかたからの声をよく耳にします。今回はそんな音読についてご紹介したいと思います。

【お話】「赤ペン」吉田先生
日々「『赤ペン』って楽しい!」「次もがんばろう!」と思ってもらえるような声かけ・指導を行っている指導歴26年度ベテラン先生。子どもたちが続けることで力がついたと実感でき、自信をもってもらえることが一番の励み。

音読のねらいや目的は?

音読の大きな意義は「耳から言葉が入ってくること」です。小学校低学年のお子さまにとっては、文章を声に出し、その音を耳で聞くことは文章の理解をより深める効果があります。しっかりと声に出して読むことで、その言葉の持つ意味や文の成り立ちなどを覚えていく重要な役割があるのです。国語がニガテな子は音読もニガテな子が多いということもあり、音読を面倒くさがらずにしっかり取り組むことは国語力のアップにもつながります。その入り口である1年生では、ただ読むだけではなく、言葉のまとまりや響きなどに気をつけて音読する指導が行われています。ぜひこのタイミングで効果的な音読の習慣を身につけておきたいですね。

効果的な反応や声かけは?

1年生のお子さまに多く見られるのが「声が小さい・早く読みすぎる・読みまちがいや読み飛ばしが多い」パターンです。気になる点はぐっと飲みこんで、まずは、「やさしい声で読めたね」、「スラスラ読めてすごい!」(目でしっかり文章を追えているのはすごいことです!)、「元気があるね」などと長所に置き換えてほめてあげましょう。そのうえで、「大きな声でゆっくりはっきり読む」ことを伝えたいときは、「少し離れたところにいるお友だちを呼んだり、話しかけたりするつもりで読むともっといいよ」などと生活の中での体験談をあげてアドバイスすると、子どもにも伝わりやすいようです。読みまちがいや読み飛ばしがある場合は、「ゆっくり読む」ことで改善される場合が多いので試してみてください。また、おうちのかたが、実際に読んでお手本を示してあげるのもよいと思います。

音読はほめればほめるほど上達します!

「音読はほめればほめるほど上手になる」といいます。つい気になることを指摘したくなりますが、最初はどんな読み方でも注意をせず、まずほめてあげてください。そして、低学年のお子さまにとっては、言葉だけでなく、「頭をなでる」「抱きしめる」などのスキンシップとともにほめてもらうこともとてもうれしいものです。お子さまをたくさんほめて、音読の時間を親子で楽しんでみてください。それが音読の上達のための一番の近道かもしれません。

記事内画像(小1).jpg