教えて!赤ペン先生 入学後のサポート、どうすれば?

小学校ご入学おめでとうございます。おうちのかたもお子さま同様、期待と不安でいっぱいな時期だと思います。これからの小学校生活をスムーズに進めるために、おうちでできるサポート方法を、赤ペン先生がアドバイスします!

【お話】「赤ペン」吉田先生
日々「『赤ペン』って楽しい!」「次もがんばろう!」と思ってもらえるような声かけ・指導を行っている指導歴26年のベテラン先生。子どもたちが続けることで力がついたと実感でき、自信をもってもらえることが一番の励み。

宿題を通して、学習面のサポートを

宿題のフォローに迷われたとき、おうちでは次のようなポイントを心がけてあげるとよいと思います。

【ポイント①】宿題を始める時間を決める
「学校から帰ったらすぐ」「夕食後」など、宿題に取り組むタイミングを最初に決めておくと、学習習慣がつきやすくなります。お子さまとも話し合って、いちばん集中できる時間を選んで決められるとよいですね。

【ポイント②】取り組みやすい環境をつくる
まだまだ集中力も十分ではないお子さまが宿題に集中しやすいように、気が散る原因となるようなものは目に入らないところに置き、机の上には必要な勉強道具だけを出すようにしてサポートしてあげましょう。そのうちにだんだんと自分でもできるようになってきます。

【ポイント③】できたらしっかりほめてあげる!
今は、宿題(勉強)を嫌いにならないことがいちばんです。ちょっと気になる点も「この字はとてもきれいに書けているから、こっちの字もこんなふうに書けるかな?」「ここは、おしいな。○○ちゃんならできるはず!」などとほめながらのアドバイスがおすすめです!そしておうちのかたがまるつけをする場合は、できたところを大きな花まるで認めるなど、「楽しい・うれしい」と思えるような場面作りをして、たくさんほめてあげると、お子さまも積極的に宿題に取り組めるようになると思います。

記事内図版(1年生).jpg

おうちでは、安心できる時間の提供を

慣れない小学校生活で、子どもたちは思っている以上に疲れています。そこで、寝る前やお風呂の時間などにお子さまが学校であったことを話しやすくなるような、リラックスできる時間をつくることをおすすめします。話を聞くことで、お子さまの口調や表情などから異変に気づけたり、がんばったことをほめて元気づけることにもつながると思います。どんなことがあってもおうちのかたが受け止めてくれるという安心感が、小学校生活というこれまでとは異なる生活リズムの安定につながっていくと思います。


おうちのかたの笑顔が、お子さまの元気の源です!

毎年この時期は、初めての授業や宿題、新しいお友だちや先生との人間関係の構築など、小さい体で精一杯がんばっている1年生の姿が、答案からも伝わってきます。たとえできていないことがあったとしても、大目にみてあげたいですね。この時期は、元気に学校へ行っているだけですばらしいことです。そして、お子さまが学校から帰ってきたら、「よくがんばったね!」と笑顔で迎えてあげてください。それが、お子さまの明日への活力になるはずです。