赤ペン先生直伝!これさえやれば2年生準備OK!~国語編

先月からご紹介しているご家庭でできる2年生準備シリーズ、第2回は、「国語」についてお伝えします。国語は普段の生活やほかの教科の学習にもつながりが深い教科なので、低学年のうちにしっかり身につけておきたいですね。

【お話】「赤ペン」三浦先生
「赤ペン先生」として、25年以上活躍中。子どもたちを「ほめること」が大好きで、学童の先生としての経験も豊富。ご家庭からの信頼も厚いベテラン先生。

まずは「漢字とかたかな」のおさらいをしておくと安心です

2年生で新しく習う漢字は全部で160字で、1年生で習った80字から倍増するうえ、画数も多く難しい漢字を学習します。そこで、重要になるのが1年生の復習です。1年生で習う漢字は「とめ・はね・はらい」など漢字の基本をしっかり身につけられるものが多いので、きちんと覚えておくと2年生で学習する漢字が頭に入りやすくなります。
また、2年生ではひらがな・かたかなはもうわかっているものとして授業が進むのですが、案外かたかながあいまいなままになっているお子さまが多いようです。かたかなのおさらいには、お子さまが大好きなアニメやマンガ、ゲームなどがおすすめです。これらには思った以上に多くのかたかなが使われているので、例えばお子さまの好きなキャラクターを紙に書いてもらったり、一緒にゲームをしながら画面に出てくるかたかなを読んでもらったりしながら、読み書きが不安なかたかなはないかを確認してみて、不安なものは練習しておきましょう。

記事内図版(1年生)リサイズ済.png

長い文章に慣れるためには「読書」がおすすめ!

文章読解も、1年生のときよりも長い文章を扱うようになるため、内容を理解するのが難しくなってきます。また、少し長めの文章を書く力も問われるようになるため、「文章に親しむ、慣れる」ことがこれら読み書きの練習に有効です。
そこで、おうちでは「本」の出番です。おうちのかたと一文ずつや登場人物ごとになど、役割分担をして交代で読み進めると楽しく読む練習ができておすすめです。また読み終わったあとに「ここはどう思った?」「なぜこうなったのかな?」などと感想を伝え合うことが読解力や伝える力を養うことにつながります。最初は簡単な絵本で十分です。読書が楽しいと思えたら、自然と国語も好きになっていくので、まずはお子さまの好きな本から始めてみてください。お子さまに選んでもらってもよいですね。

だんだんと自分の思いや考えを相手に伝える力が問われるようになってくる2年生。その力を育てるのは、何よりもおうちのかたとの会話だと思います。何気ない会話の中で「○○くん、○○ちゃんはどう思う?」と自分の意見を伝える機会をたくさん増やしてあげることが子どもたちの国語の力を伸ばすことにつながっていくでしょう。一生懸命に話す様子がまだまだかわいいお子さまとの会話を楽しんでくださいね。