5年生からの英語、 どう変わる? どう備える?<チャレンジ編>

「教科」になっても、求められる力は同じ

 2020年度から実施された新しい学習指導要領で、5年生から英語は「教科」となりました。「教科って...、いきなり中学校みたいな授業になるの?」などというご心配もあるかもしれません。「教科」ですから教科書があり、成績もつきます。授業数も年70時数に増えて週2~3回程度になり、担任の先生とALT*が教科書に沿って指導を行う学校が多い様子です。授業では、4年生までの「外国語活動」で親しんだ「聞く」「話す」に「読む」「書く」が加わり、英語でコミュニケーションするための4技能のベースを身につけていきます。
 とはいえ、大切なのは、これまでの「外国語活動」と同じように「英語でコミュニケーションしよう!」という姿勢を育むことです。そのため、急に「単語が」「文法が」と求められるようなことはなく、「聞く」ことを中心にたくさんの英語にふれ、楽しみながら自分の考えや気持ちを伝え合うような授業を行う学校が多いと考えられます。

*ALT:Assistant Language Teacherの略。外国語(ここでは英語)を母国語とする外国語指導助手のこと。


5年生の英語に備えて、しておくとよいことは?

 5年生では、「聞く」「話す」力をより深く育んでいきます。例えば、「Turn right.」が「Turn right at the second corner.」になるといったように、4年生までに身につけた表現に語句を加えるなどして、より詳しくわかりやすく伝え合う表現を学びます。そのため、4年生のうちに英語をたっぷり聞いて、基本的な表現に耳を慣らしておくと、より長い表現や詳しい情報も聞き取りやすくなるでしょう。
 また、「読む」「書く」授業も始まります。4年生でもアルファベットを学んでいますが、5年生では「A」:「エイ」など文字の読みだけでなく単語として「読む」ことも学ぶようになります。今のうちから、暮らしの中で「ice cream」など身近な単語の読みにふれておくのもよいですね。また、「書く」では、大文字や小文字を正しく書くことが求められるので、アルファベットの4線上の位置を意識したり、「d」「b」などの文字の向きに気をつけるクセをつけておくとよいでしょう。

 このような5年生の英語にスムーズに入っていけるよう、「チャレンジ」では、ひと足先にアルファベットの「読み」「書き」に楽しく親しめる「アルファベット読み書きBOOK」をご用意しました!

アルファベット読み書きBOOK(1月号)

 「読む」「書く」のベースを育む「アルファベット読み書きBOOK」。大文字をなぞることから始めて、小文字を正しく書くところまでをスモールステップでムリなく身につけることができます。小文字を「背が低い」「背が高い」「下に出ている」などとグループ分けをすることで、4線上の正しい位置に書けるよう導いたり、「b」と「d」の向きなどまちがえやすいポイントをイラストで印象づけたり、初めてのお子さまにもわかりやすい工夫が満載です。
 ひと足先に正しく「書く」ことで自信につながり、英語の授業に前向きに取り組めるきっかけにもなります。

1.英語_共通_アルファベットBOOK.PNG


「英語って楽しい!」という体験をたくさん積んで

 4年生までの「外国語活動」で、「英語が好き!」「英語って楽しい!」と感じているお子さまもたくさんいらっしゃることでしょう。その気持ちは、英語の力をぐんぐん伸ばす原動力です。4年生はそんな気持ちを大切に育みたい時期。ご家庭でも、教材に一緒に取り組む、英語の歌を歌う、英語の字幕でアニメを見るなど楽しく英語にふれる機会をつくり、意欲を刺激していけるとよいですね。「英語ってかっこいいな」「話してみたいな」という前向きな気持ちで、5年生の英語にも進んで取り組んでいくことができるようサポートしていきましょう!