1月号から新タブレットで学ぶ「中学準備講座」(チャレンジタッチのかた)


「チャレンジタッチ6年生」6年生の総まとめ&中学準備は、これでバッチリ!

1月号からの「中学準備講座」の内容をいち早くご紹介します!
中学校の説明会など、中学進学のための行事が増える秋。学習面での中学準備も気になり始める頃ではないでしょうか?

「チャレンジタッチ6年生」では冬休みから効率的に中学に向けての準備ができる「中学準備講座」をご用意しています。
小学校6年間のおさらいでしっかりと実力を固めながら、中学の学習内容も先取り! 
中学での学習がスムーズにスタートできるよう早めに準備ができる、充実のラインナップです。
さっそくその内容をご紹介します。

◆使いやすさが進化した「チャレンジパッドNeo」
「書く」ことが増える新中学1年生のために、「チャレンジパッド」が進化!
1月号で全員にお届けします!
NEO.jpg

1月号からスタートする「中学準備講座」では、進化した「チャレンジパッド」で学習することができます。
学習のしやすさを重視して「チャレンジパッド」をリニューアル。
中学に向けてのやる気アップにつながることも、期待できそうですね。

1)トクイ・ニガテ別『6年間の総復習』をプロ講師と個別レッスンで完璧に!(1・2月号)

お子さまひとりひとり、トクイとニガテは違うもの。
どこまで理解できて、どこからわからないのかを自覚しておさらいすると、効果が出るといわれています。
だから、「中学準備講座」のデジタル学習は個別の総復習を実装。
さらに今年度から、つまずきやすい問題をプロ講師と攻略する「ライブ授業(2コース制)」が新登場!
進化した学びでしっかりお子さまの総復習をサポートします。
CT総復習ステップ .jpg

2)中学勉強法の先取り内容を授業とレッスンで楽しくスムーズに理解

中学で好スタートを切るため、先取りを少しでもしておきたいと、多くのかたが考えます。
しかし、一段と難しくなる中学の内容をひとりで学ぶのはハードルが高いもの。
でもご安心ください。

長年、中学準備を支援してきた「進研ゼミ」のノウハウを「動画」「質問可能なライブ授業」「新入生テストの予行練習ができる教材」にギュッと詰めてご用意。
また、中学の授業が楽しみになる情報誌もお届けします。
先どり.jpg

3)小学校英語を土台とし 、お子さまの理解度に合わせて中学で対応できる英語力を積み上げる

お子さまが中学1年生になる2021年度は中学校の新学習指導要領が本格実施される年。特に大きく英語の指導内容が変わると言われています。
もちろん、その新しい内容にもバッチリ対応できるようお子さまの理解度に合わせた英語学習ができるのが「中学準備講座」です。
英語.jpg

※ここでは主な教材をご紹介しています。この他にも教材やお知らせなどをお届けしています。

「進研ゼミ」の調査によると、「中学準備」をしたお子さまとそうでないお子さまとでは、中学入学後の最初の「新入生テスト」で約25.5点の差が開く*、という結果が出ています。
「チャレンジタッチ6年生」の「中学準備講座」で実力をしっかり固め、入学後の学習で好スタートを切りましょう!

※2019年9月、中1生618人対象の学習に関するアンケートより。中学準備をしたと答えた334人と中学準備をしなかったと答えた284人の「新入生テスト」の4教科の合計点を比較。4教科それぞれについて、90点以上と回答した人を95点、80~89点と回答した人を85点(以下同様)として平均値を算出(テストを受けていないと回答した人を除く)。