保護者通信Web小学講座 保護者通信Web小学講座

  • 5年生
  • スタイル共通

英語の4技能、6年生ではどう育む?

6年生の英語では、何を学ぶの?

 2020年度に全面実施となる新しい学習指導要領では、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能を小学生のうちから育んでいくとされています。これまでに、3・4年生での「外国語活動」などを通して「聞く」力を育み、聞いたとおりに話したり、アルファベット学習をしたりしてきた5年生も多いことでしょう。そんな力をベースにして、6年生ではさらに単語や英文も「読む」「書く」力を身につけたり、語順の感覚を育んだりと、より本格的に4技能を身につけていきます。
 とはいえ、大切なのは「英語が好き!」という気持ちのまま、自然に力を身につけていくことです。「進研ゼミ」では、これまでにも「聞く」力を中心にして、聞いて意味がわかる単語や表現を増やす"耳貯金"や、自分が話したい表現を選んで話す"My English"で楽しく英語を身につけてきましたが、6年生でもこの楽しさをそのままに、4技能をムリなく伸ばしていきます。

マンガやアニメの楽しい導入&スモールステップで育む
「読む」「書く」力

 「読む」にも「書く」にもベースとなるのは「聞く」力です。そこで、「進研ゼミ」では、マンガやアニメで楽しく英語を「聞く」ことから始めて、まずは音を聞いて意味がわかる状態をつくり、次に補助的に表示されていた文字を見て発音したり、文字を見て意味がわかったりするようになる、というスモールステップを踏んでムリなく「読む」力を育んでいきます。さらに、読めるようになった単語を書き写し、「書く」力へと導きます。

オリジナルスタイルのかたは...
「チャレンジ国算理社英」~6月号 英語~
 「英語★歴史モバイルマスター」と連動して、「聞く」をベースに「読む」「書く」力を育みます。
2月号_5年生_OR_2018年度-2-新指Web用図版3.png

チャレンジタッチのかたは...
「メインレッスン」~6月号~
「テスト100点問題集」
2月号_5年生_CT_R.JPG

パズル感覚で、たくさん英語にふれることで、
自然に語順の感覚を身につける

 語順とは、SVO(主語・動詞・目的語)などの文型に見られる英文のつくりのことを指しますが、「進研ゼミ」では主語や動詞などと文法重視で学ぶのではなく、たっぷり音にふれながらパズルのように楽しく語順の感覚を身につけていきます。

オリジナルスタイルのかたは...
「チャレンジ国算理社英」~6月号 英語~
 語順を学ぶコーナーを設けて、順番に注目しながら音を聞くことでムリなく語順に気づかせ、日本語との違いを意識しながら、「書く」ところまで導いていきます。
OR6月号語順_R.JPG

チャレンジタッチのかたは...
「聞いて完成! 英文バッチリ!」アプリ(8月号)
 たっぷり音にふれながら、パズルのように単語を入れ替えることで、楽しく語順の感覚を身につけるアプリをご用意しています。
2月号_5年生_CTアプリ 02_W1024×743px_R_R.jpg

2月号_5年生_CTアプリ Quiz03_2_R_R.jpg

 中学になると、語順を問う問題が出題されることもよくあります。"I play tennis."を"I tennis play."と語順をまちがえて書いてしまうミスなども起こりがちですが、しっかり耳で聞いておくと、そんな問題にも迷うことなく答えていけます。「聞く」力を大切にすることで、音から文字へと負荷なくつなげていくのも「ゼミ」ならではの特長です。
 小学生のうちに耳から自然に楽しく英語を学び、身につけていくことで、英語を長く学び続けるための基盤が形づくられていきます。そのうえで4技能をしっかりと身につけ、中学での英語に役立つ土台を築いていきたいものですね。

  

英語(4技能)関連記事

保護者通信WEB TOPへ戻る