• 高3
  • ゼミ情報

更新日:

【大学受験講座 PICK UP!】秋以降ジャンプアップできる人がやっていることとは?

夏休みももうすぐ終わり。計画どおり受験勉強が進んだお子さまも、思うように進まなかったお子さまもいらっしゃることと思います。もし、計画どおりできていなくても「2学期が始まるまで、あと2週間もある」と前向きにとらえ、計画していたことの1つでもいいので、達成するようお声がけください。最後の頑張りが秋以降の自信につながります。

図2.png秋以降は、志望大を見据えた対策を

夏休み中に基礎を固めて、秋以降は過去問で実戦力をつけていく、という流れが受験勉強の王道ですが、実際は「数学が終わらなかった」「国語に手が付けられなかった」など、計画どおりにいかない人は少なくありません。その場合は、あせらず秋以降も引き続き基礎をきちんと固めることをお薦めします。

ただし受験後半戦、基礎的な問題ばかり取り組んでも受験本番には間に合いません。

秋からも引き続き基礎固めを行う人にも、実戦演習に入る人にも、両方に言えることですが、学校が始まって、夏休みほどじっくり勉強時間がとれなくなる受験後半戦は、志望大に合格する問題のレベル、傾向を見据えた上で勉強を進めていくことが重要になってきます。

「進研ゼミ」では、志望大の出題問題のレベルや傾向などがわかる教材をお届けします。この教材に取り組むことで、残された受験本番までの時間、どこに力を入れて勉強すべきかが明らかになり、迷わずに勉強を進めることができます。

夏休みの勉強の進み具合も加味しつつ、秋からは志望大の傾向を知るために、一度「合格への傾向対策問題」に取り組んでみるよう、お子さまに薦めてみてはいかがでしょうか。

  
記事一覧に戻る