• 中一
    • 中二
    • 進路・進学

<中1・2生向け>学習・高校受験のお悩み解決!Q&A(Vol.7 学年末テストのあとは...)

VOL.7.png
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、学校の休校措置から、さまざまな変化がありました。
そんな中での学年末テストそして進級と、いつもと異なる不安を抱えている保護者の方も少なくないと思います。
おもに中1~中2保護者の方が「今、不安に思っていること」や進研ゼミに入っている相談を例に​「進研ゼミ」の学習進路担当がお答えします。​

【保護者の方からの「今」よくある相談】

☆日々の学習・勉強法について

Q:学年末テストの結果が返ってきたらやるべきことは?
A:テストが返却されたら、まずは間違えた問題を解き直して理解しておくことが大切です!

学年末テストが返却されたら、まずは間違えた問題を解き直して理解しておくことを最優先にしてください。
間違えた問題やわからなかった問題について自力で解けるようになったら、教科書やゼミ教材の講義でその単元の重要事項などをおさらいし、演習問題で理解の定着を確認しておくとなおよいですね。
こうしてテスト範囲のニガテをつぶしきっておくことで確実に学力が積み上がっていきます。
また、学年末テストはもちろん、定期テストは捨てずに取っておくと今後の受験勉強にも役立ちます。受験勉強でこれまでの総復習をする際に、重要な単元やお子さまが間違えた単元がひと目でわかって効率的に復習に取り組めるので、5教科の問題用紙と答案だけでもいいので捨てずに取っておくことをおすすめします。

Q:学年末テストの復習以外にやっておくべきことは?
A:コロナ禍での休校期間やその後の授業の復習がおすすめです。

今年度は、学校再開後に休校期間の遅れを取り戻すべく多くの中学校で授業スピードのアップを余儀なくされました。そのためつまずきを残したままのお子さまや、理解度に不安を抱えているお子さまが多くいらっしゃるようです。
その不安を自信に変えて新しい学年の好スタートにつなげるべく、「進研ゼミ」3月号ではこの1年間の総復習ができる教材をお届けします。(中2の方には中1・2の総復習教材をお届け)
まずはひと通り取り組んでみて、間違えたところを解き直して1年間の復習を完成させましょう。
解説を読んでも理解できない問題がある場合は<ギモン解消ひろば>で個別に質問することが可能です。ぜひご利用ください。

ギモン解消ひろばアイコン.png
オリジナルスタイルの方:「会員ページ」のギモン解消ひろばのアイコンをクリックし、「5教科について」からご利用ください
ハイブリッドスタイルの方:タブレットホーム画面の「ギモン・悩みを解消する」をタップし「問題の解き方」からご利用ください

上記のような学習法の相談は
<保護者向け 個別相談ダイヤル>へ


☆進路・高校受験の対策

Q:学年末の結果は内申点に大きく影響する?
A:今の学年の総合評価にかかわってきます。

3学期の成績は、今回の学年末テストの結果と1年間を総合的に見た評価が、内申点として付けられます。そのため3学期の学年末テストの結果だけで1,2学期の成績を大きく覆すほど評価が変わるということはありませんが、今回頑張ったことなどは評価の対象です。「今回の学年末テストの結果が思わしくなかったけど、内申点には大きく影響がなかったから、よかった。」と、今回の学年末テストの復習をせず、次の学年を迎えることがないようにしましょう。ぜひこの後の春休みの時間を利用して、今の学年に行われたテストでできなかった問題を復習する期間として有効に活用してください。

Q:気になる高校の倍率が高いと不利?
A:倍率は毎年一定ではありません。高くなった理由を見極めましょう。

公立高校の出願、入試日の時期になり、お住まいの都道府県では新聞等で倍率や、入試問題の掲載されることがあります。そこで、気になっている高校の倍率などを確認されることもあるでしょう。「自分の志望校の倍率が急に高くなった。入るのが大変になるのか?」というご質問を頂戴します。倍率は、募集定員に対し、出願数が多いと高くなります。ただ、高倍率の理由は、いろいろあります。まずは、高倍率の理由を冷静に見極めてみましょう。例えば、「昨年の倍率が例年より低かったため、今年は高くなる」場合。このような場合は、「どの高校を志望していた生徒が、自分が志望する学校に集まったのか」を見極めることが大切です。志望校より合格点が高い高校の出願者数が大幅に減っていれば、得点力のある生徒が出願したと想定できます。だとしても、これだけで、その高校の合格ラインが大幅に変わるということはあまりありません。他にも、出願数に変更が無くても、募集定員が1クラス分減ったために倍率が上がるという場合。このような場合は、志願者のレベルが上がっているわけではありませんし、翌年定員が増えれば倍率は下がります。どちらの場合も、志望校に合格できるレベルが大幅に変わるわけではありませんので、倍率が高いから不利とはなりません。今は、着実にテストの復習などを行い、倍率に左右されない実力UPを図っていきましょう。


お子さまの中学校の成績やご家庭の状況を踏まえて
「うちの子の場合は?」という個別の不安は
<保護者向け 個別相談ダイヤル>へご相談ください。ご利用をご希望の方はこちらから

★学習や進路に関するチャットサービスのご案内

進研ゼミでは、「高校入試の仕組み」や「内申点とは何?」という
いまさら聞けない高校入試や学習に関しての素朴な疑問を
チャットで24時間ご質問いただけます。
チャットはコチラから

チャットボット.png

★<保護者向け 個別相談ダイヤル>のご案内

保護者向け個別相談サービスアイコン.png
お子さまの状況や、ご家庭の状況に応じた個別相談には、
<保護者向け 個別相談ダイヤル>をご用意しています。
保護者の方のお悩みや状況に応じて2つのダイヤルがございます。

<教材の使い方・日々の学習について>
進研ゼミの教材を使った苦手克服勉強法を確認したい方向け
<高校受験の対策・進路について>
志望校合格に必要な中学校の成績を確認したい方向け

<保護者向け 個別相談ダイヤル>のご利用をご希望の方はこちらから


★進研ゼミの中12生向け高校入試セミナーもご活用ください

 中1,2生、および保護者向けのオンラインセミナーをご用意しています。
高校受験に向けて、今やっておくべきこと、これからやるべきことを解説しています。
「ベネッセ 教育情報フォーラム」ページにてすでに実施されたセミナーの録画もご覧いただけます。こちらからどうぞ。

★<高校入試情報サイト>をご利用ください。

○○高校のことを知りたい。高校入試の制度を知りたいなどは、<高校入試情報サイト>をご利用ください。
<高校入試情報サイト>はこちらからどうぞ。

★学習・高校受験のお悩み解決!Q&Aの過去の記事はこちら
VOL.6 学年末テストの直前直後対策
VOL.5 学年末対策とその後

VOL.4 学年末のモヤモヤ
VOL.3 学年末テストに向けて
VOL.2 冬休みの気がかり
VOL.1 進研ゼミ教材の効果的な使い方

お知らせ