【中学準備講座】中学入学前に見直したい<チャレンジ>取り組みタイミング!

中学生になると、部活で帰りが遅くなり、しかもヘトヘトに疲れていて、思うように勉強時間が取れないお子さまが増えるようです。小学校で身についた学習習慣もなし崩し...と嘆く保護者がいる一方、「中学入学後も上手に<チャレンジ>を使えています」というご家庭もあります。
そこで、先輩保護者のアンケートから、中学入学後も<チャレンジ>を上手に続けるコツをまとめました。

チャレンジは「朝」に取り組む

スライド2.JPG

学校からの帰宅後は疲れているし、学校の宿題で手一杯になる中学生。朝起きて10分でもいいので<チャレンジ>に取り組むことで、中学でも続けられたという声が多数見られました。

早寝と朝勉の習慣。中学は部活でとても疲れるので、夜の勉強は効率が悪い。夜は宿題だけ済ませて早く寝て、<チャレンジ>は朝やる方が絶対いい。(千葉県 Sさん)

毎朝起き抜けに、30分<チャレンジ>をしている。その後の30分で朝食や、身支度。(埼玉県 SOSOさん)

毎朝、起きてから朝食前と登校前は必ず勉強します。朝の30分に<チャレンジ>をしているおかげで夕方の帰宅後は他のことに時間が使えています。また、遅くなっても、さっと学校の事だけしたら大丈夫。その生活リズムは小学生の頃からずっと一緒です。(三重県 Sさん)

我が家は毎朝10分間<チャレンジ>をする習慣を身につけさせました。(茨城県  A.Jさん)

週末まとめてではなく、毎日やる習慣をつける

スライド3.JPG

小学校の時に週末まとめて<チャレンジ>に取り組んでいた場合、中学に入って土日に部活が始まると、<チャレンジ>に手をつけなくなった、というご家庭もありました。週末にまとめてではなく、毎日やる習慣をつけたほうが続きそうです。

小学までは土日にまとめてチャレンジをする習慣でした。スケジュールに遅れることもなく、ためることもなかったし、テストの点数も悪くなかったので安心していました。中学に入って土日は部活になり、今はテスト前の部活停止になってからやったり、やらなかったりです。やはり、毎日やる習慣をつける事が一番だと思いました。(埼玉県 Y.Kさん)

毎日、<チャレンジ>をやる習慣を5分でもいいから身につけたほうがいいと思います。(愛知県 ルイママさん)

小学生のときから<チャレンジ>に毎日取り組む癖をつけていたからか、部活で遅くなっても必ず毎日机にむかっています。試験前の部活が休みの時は長時間机で勉強しても苦ではないようです。(福岡県 Sさん)

日頃から<チャレンジ>等で少しずつでも勉強する習慣をつけていて良かったです。いまでは、<チャレンジ>で予習していたことが学校の授業で復習になり、とてもいい感じで授業についていけています。(大阪府 HYさん)

スキマ時間を活用する

忙しくて決まった時間がつくれない場合はスキマ時間を上手に使うとよさそうです。

スライド.jpg

部活動で運動部に入って、朝練と午後練習で慣れるまで疲れきっていました。特に夏休みまでの間(一学期)は遅くまで部活動がありましたので、スキマ時間を利用して覚えられる英単語や歴史、漢字など、それから、チャレンジパッドを活用していました。(岡山県 Kママさん)

中学入学後、大きく環境変わる前に、チャレンジに取り組むタイミングやざっくりとした進め方のスケジュールについてお子さまと話し合ってみてはいかがでしょうか。

※アンケートは2019年7月実施「進研ゼミ中学講座 保護者向け情報・サービスについてのアンケート」より

中学準備講座編集室

お知らせ