• 中一
    • 中三
    • 中二
    • 進路・進学

<高校入試情報サイト>10月のオススメ:併願校としての私立高校選び

高校入試情報サイト 10月のオススメ 高校入試情報サイト 10月のオススメ

高校入試に向けてお子さまをサポートする保護者の方に、<高校入試情報サイト>から毎月のオススメ記事をご紹介。中3生はいよいよ本格的に志望校を考えていく時期ですね。第一志望の公立高校が決まっている場合でも、考えておきたいのが併願校としての私立高校受験。私立高校の入試は公立高校よりも先に結果がわかることが多いので、私立高校の合格を先に決めることができれば、安心して公立高校の入試に臨めます。第一志望の公立高校が不合格の場合には通うことになる高校ですから、進学先として後悔のない私立高校を選んでおきたいものです。
保護者の方は、お子さまが納得できる併願校を選べるようサポートをしていきましょう。中1・2生の保護者の方も、早めに通学圏内の高校の情報収集を行っておくことがオススメです。

公立の志望校が決まった中3生は併願校として納得のいく私立高校選びを

「高校入試:納得のいく私立併願校の決め方」
公立の第一志望校に安心して臨めるよう、万が一のための進学先は確保しておきたいところです。そこで、「併願校」としての私立高校選びのポイントなど、合格した先輩たちの併願校選びの観点を参考にご紹介します。


「併願校の過去問はいつから、何年分やればいい?」
併願校が決まったらやっておきたいのが、併願校の過去問対策。公立高校の受験対策と並行しながら、いつ頃から何年分やればいいのか、知っておくことは大切です。「私立高校対策まで手が回らなかった」ということにならないためにも、計画的に取り組めるよう準備しておきましょう。


<高校入試情報サイト>には先輩体験談も豊富!
気になる私立高校について、進研ゼミで合格した先輩の体験談を調べてみませんか? 全国の先輩の声が集まっているのは「ゼミ」ならではです。こちらからぜひご覧ください。

併願校への納入金について、そして注目を集めている大学付属校についてご紹介

「私立高校の「延納制度」について知りたい」
公立高校の合格発表前に私立高校の合格が決まった場合、気になるのが私立高校の入学金などの納入について。保護者の方にとって、進学するかどうかわからない私立高校へ入学金などを納入するべきかどうか、悩むところだと思います。そんな時に助けになるのが「延納制度」。「延納制度」とは何か、どんな手続きが必要か確認しておきましょう。


「人気の大学付属校。志望校選びのポイントは?」
私立大学入試の難化により、大学付属校の人気が年々高まっています。付属校を選ぶ際のポイントや気になる内部進学について解説します。

<高校入試情報サイト>には志望校合格に向けて必要な情報が満載! ぜひ毎月チェックしてみてください。
■高校入試情報サイト

お知らせ

  • 【2月号】中1・2・3講座の活用法/オンラインセミナーの告知が更新されました。ぜひご活用ください。