• 中三

【中3・1月号】入試本番に向けて保護者がやるべき3つのこと

中3・1月号 中3・1月号

いよいよ冬休みです。お子さまは入試得点力を積み上げるラストスパート期間に入りました。過去問に取り組み、間違えたところを見直しながら、一つひとつ解ける問題を増やしていきましょう。一方、保護者の方は入試準備にそろそろ着手しましょう。しかし、情報がうまく整理できていない焦りや、取りこぼしなく準備できるかなどの不安から、入試準備が心配という声もよく伺います。 今回はお子さまにお届けしている1月号のご紹介のほか、保護者の方に、合格をつかむための入試準備やサポートの仕方をご紹介します。
保護者の方たちの体験談もぜひ参考にして、今やるべきことを明確にしましょう!

―目次―
■「差がつく」テーマを厳選した冬期講習で、入試得点力を伸ばす!
■入試本番に向けて保護者がやるべき3つのこと

「差がつく」テーマを厳選した冬期講習で、入試得点力を伸ばす!

ライバルたちに差をつけるチャンス! 「勝ち取れ合格!5日間完成冬期講習」

入試直前の冬休みは、勝負の時 12/24(金)からの「勝ち取れ合格! 5日間完成冬期講習」で得点力UPして、まわりと差をつけましょう。
〈プレクラス〉は動画で知識事項・基礎を一気に攻略!
〈本番クラス〉のオンラインライブ授業では1月号の〈受験チャレンジ〉を用いて、入試レベル問題(3人に1人は間違える差がつきやすい問題)の考え方・解き方テクニックを身に着けて完全マスターをめざします。
1/6(木)は1月号でお届けの〈入試完全予想問題リハーサルテスト〉の一斉受験日です。9:30~のオンラインライブ調整に参加いただき、その後各自で自分の都道府県の出題傾向に合わせて時間を計って本番リハーサルができるので、仕上げもバッチリです。
  お子さまに「冬期講習のプログラムに沿って学習していくだけで、ライバルと差がつく得点力が身に着くよ!」とお声かけして、ぜひご参加ください。

直前期の優先順位を考える「オンライン月1進路セミナー」

12/25(土)の「オンライン月1進路セミナー」では、不安や焦りが出てくる入試直前期にやるべきことや、合否を分ける1点を勝ち取るための具体的な勉強法と合わせて解説します。昨年の「オンライン月1進路セミナー」を視聴された方の声をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

冬休みに向けて、見通しを立てることができました! 演習量の増やし方も参考になりました。(しおさん)

今やるべきこと、これからやるべきことがはっきりわかり良かったです。また、先輩チューターのみなさんの勉強法がとてもためになりました。(拓也さん)

先輩方の入試直前の勉強や、『入試直前FINAL』の使い方が聞けて良かったです。(ルートリアさん)

<アクセス方法>
ホーム画面の「メニュー」→「やる気アップルーム」→「冬期講習」のバナーをタップしてください。

入試本番に向けて保護者がやるべき3つのこと

年末年始が過ぎたら、高校入試の出願準備や本番に向けての体調管理など、保護者の方もやるべきことがたくさん!
保護者の方のアドバイスを元に、やるべきことを整理して優先順位を考えながらお子さまをサポートしていきましょう。

(1)確実な出願手続き

出願や入試スケジュール、出願方法を確認して理解しておきましょう! 第一志望校だけでなく併願校までぬかりなくチェックを。

あまり高校の入試に関する知識がなかったので、手続きの時などは子供に教えてもらいながらでした。入試直前に勉強の時間を削ってしまい、不安に思わせてしまったので、自分がしっかりと理解しておけば...と思いました。(神奈川県 あんさん)

私立を何校も受けると、出願や手続きが重なりとても複雑でした。抜けがないように、家族みんなが出願、入金、書類発送など、予定を確認できるよう受験カレンダーを家の中に貼り、志望校別に受験までの流れを確認できるように工夫しました。(東京都 さくママさん)

(2)お金の準備

受験料、入学金など...かかるお金を想定して用意しておきましょう。悪天気や交通のトラブルなど不測の事態に備えて準備しておくのも大事です。

第1志望以外は希望する学校がなかったため、併願の私立高校を受験するかどうか、また万が一に備えて入学金を納めるかどうか迷いました。子どもから懇願されたので納めましたが、結果的には第1志望校に合格しましたので保険料となりました。(青森県 パピ子母さん)

私立の併願を受け、合格したときにすぐに入学金を振り込みましたが、振り込みの控えがなくなってしまい困りました。結果的に財布の奥に見つかりましたが、振り込みの控えは必要なので、振り込み後は安心せずに、大事に保管したほうがいいですよ。(滋賀県 いか焼きさん)

(3)体調管理・精神的なサポート

直前期は生活リズムを整えて規則正しい生活を。また、お子さまの不安な気持ちを受け止める(問題が解けなくても親は責めないなども)など心身のサポートは家族で支えていきましょう。

勉強も志望校選びも子どもの自主性に任せていましたが、健康管理と環境作りは私も気をつけていました。下の兄弟たちが、インフルエンザや風邪を持ち込まないように、手洗いうがいマスク着用を口うるさく言っていました。(新潟県 紫丸さん)

子どもは受験が近づくにつれて、表面には表れなくてもかなり緊張や不安を抱えていると思います。親ができるのは健康管理そして温かく見守ること。決して脅迫するようなことはせず、親はベストを尽くす子どもをそばで応援する。それのみです!(岐阜県 MAMさん)

体調管理食事は栄養バランスを考え、とにかく愛情いっぱいの食事を用意しました。勉強を夜10時までに切り上げて次の日、朝5時から起きていたので、私も5時から一緒に起きていました。(神奈川県 コウペンちゃん母さん)


入試本番までいよいよ、ラストスパート。
お子さまの第一志望校合格まで、『進研ゼミ』では保護者の方へも全力でサポートしていきます!

お知らせ