• 中一
    • 中二

難単元が増える秋を乗り切る「復習」のポイントは?【中1・2 ハイブリッドスタイル】

難単元が増える秋を乗り切る「復習」のポイントは? 難単元が増える秋を乗り切る「復習」のポイントは?

難しい単元が増える秋からは、「わからない」ことをそのままにしておくと、どんどん積み重なってしまい、テスト前が大変になります。忙しいからこそ、できるだけ早いうちに復習して「わからない」ことをなくすことが、そして、自分の理解度に応じた問題演習で実力を積み上げていくことが成績アップのコツです。

Point1 早めの復習でわからないを解消!

授業で理解ができなかった部分をテスト前まで持ち込まないのが、難単元攻略のカギ。
わからなかった部分はその日・その週末に復習に取り組みましょう。
レッスンの演習を解いて間違えた問題や自信がなかった問題は、1週間後など少し時間を空けて「自分で選ぶ」から「とき直しカルテ」で復習することもおすすめします。ゼミのレッスンはわかりやすい講義と演習問題の詳しい解説があるので、ぜひ復習に活用してください。

Point2 自分に合った問題を解いて実力アップ!

問題が難しいと思ったら、思い切ってレベルを下げるというのも実力アップの近道です。
ハイブリッドスタイルでは、目標点を教科別に変更することができます。

目標点を80点以上に設定していて「難しすぎるな」と感じた場合は、目標を変更してみてもよいでしょう。

目標点の変更はホーム画面右の「設定」から。作戦設定の変更は、翌月号分から変更できます。(直近では、9月19日までに変更すると、10月号期間から変更が反映されます)

自分に合った問題を解くことが、やる気をキープしながら、実力を積み上げていくことにつながります。
「問題が難しくてやる気がなくなっているな」と感じたら、「目標点の見直しをしてみては?」とお声かけください。

お知らせ