• 中一

【中1・9月号】次の定期テスト大成功のために! 忙しくても成績アップするには?(オリジナルスタイル)

メインビジュアル メインビジュアル

もうすぐ夏休みが終わる地域も多いかと思います。夏休みが終わると、日々の授業のスピードがあがり、内容も難しくなってくるため、授業についていけるか、テストの成績が下がらないか不安を感じるというお声をよく伺います。
さらに夏休み前と比べて部活動がより本格的になってくるため、忙しくて勉強に手が回らなくなることも多いものです。
そこで、今回は、忙しくても成績を上げる勉強法をご紹介します。

― 目次 ―
■【3学期制の方向け】定期テスト攻略のコツは「わからなかった部分をそのままにしない」こと!
■【2学期制の方向け】テスト前は「出やすい観点」を中心に取り組むことで効率的に点数UP!
■ 忙しい場合は週1回30分から! オンラインライブ授業でペースメイク
■ 日々の授業の理解度を上げる「ノート術」のセミナーを実施!

【3学期制の方向け】定期テスト攻略のコツは授業で「わからなかった部分をそのままにしない」こと!

難しい単元が増える秋からは、「わからない」ことをそのままにしておくと、どんどん積み重なってしまい、テスト前が大変になります。忙しいからこそ、できるだけ早いうちに復習して「わからない」ことをなくすことが、成績アップのコツです。

授業で理解ができなかった部分は、教科書やノートをただ読んだり、やみくもに問題を解いたりするよりも、解説が丁寧な教材を使って理解を深める方が効率的です。
ゼミの教材はわかりやすい説明と演習問題の詳しい解説があるので、ぜひ復習に活用してください。

お子さまが忙しくて復習まで手が回っていない場合は、「授業でわからなかったところだけでもゼミで勉強してみたら、テスト勉強の時に楽になるよ!」とお声がけください。

【2学期制の方向け】テスト前は「よく出る問題」を中心に取り組むことで効率的に点数UP!

テスト前は時間が限られているので、すべてを復習するよりも、「テストに出やすい問題」を集中して演習することで、効率的に点数アップがねらえます。

ゼミの定期テスト対策なら、今までの会員データをもとに作られた、「定期テスト予想問題」、「定期テスト暗記BOOK」で、「テストに出やすい問題」を集中的に対策できます。

お子さまがゼミの定期テスト対策教材を使っていない場合は、「ニガテ教科」だけでも、ぜひ一度使ってみるようにお声がけください!

忙しい場合は週1回30分から! オンラインライブ授業でペースメイク

勉強をしないといけないことはわかっていても、なかなか学習のきっかけ、ペースがつかめないというお子さまも多いと思います。そんな時は「必ず学習する日、時間帯」を決めて勉強するとよいといわれています。

とはいえ、きっかけがないと勉強できないというお子さまも多いです。そこで、週1回、日曜日※に実施されるオンラインライブ授業に毎回参加することで、学習のペースを作ることがオススメです。

最初のうちは参加すること自体を忘れてしまいがちなので、ペースができるまでは、授業の時間になったら保護者の方からもお声がけください。

  • オンラインライブ授業の実施がない週もございます
C1_202109_3.PNG


英語と数学に加えて、9月はなんと理科の授業もスタートします。「実験」を通して、定期テストはもちろん入試にも出る単元を楽しくわかりやすく学ぶことができるので、ぜひご参加ください。

日々の授業の理解度を上げる「ノート術」のセミナーを実施!

ここまで自宅学習のポイントをお伝えしましたが、学校の授業中に理解を深めることも大切です。
実は、ノートの取り方にも学習の理解を深めるコツがあります。9/4(土)17時~または20時~のオンラインライブセミナーでは、少し工夫するだけでニガテがなくなるノート術を大公開します。ペンやふせんの使い方など、同級生が実践していてすぐにまねできるノートのすご技もご紹介します。「東大ノート」シリーズ著者の太田あや先生の特別授業です。

●オンラインライブ授業の日程・内容を確認する

  • 保護者の方は事前に通知が届く「まなびの手帳」アプリからの視聴がおすすめです。
  • チャレンジパッドや会員ページの「オンラインライブ授業」からも視聴できます。

10月以降もオンラインライブ授業の理解がさらに深まる「オンラインライブ授業テキスト」など、お子さまの学習を支援する教材を届けてまいります。今後お届けする教材については、進研ゼミ 中1講座ご受講中の方向けサイトでご確認いただけます。日々の学習でのお困り解消法もご紹介しているので、ぜひ一度ご覧ください。

お知らせ