• 中一

【中1・6月号】初めての9教科定期テスト! 時間がない・何からやったらよいかわからない、そんな課題を進研ゼミで解決!

メインビジュアル メインビジュアル

6月末には、初めての9教科の定期テストが実施される学校も多いのではないでしょうか。しかし、中1のこの時期は部活動なども始まって忙しくなるため、「テストに意識が向かない」「やる気はあるものの時間がない」「科目が多すぎて何からやったらよいかわからない」といったお声をいただきます。そこで、進研ゼミ『中一講座』を活用して、効率的に9教科対策をする方法をご紹介します!

c1_202105_0171_1.PNG

テストに意識が向かない・時間がないー
週1回のオンラインセミナー受講で
テストに意識を切り替え&効率的にテスト対策を!

週1回、日曜日に開催しているオンラインライブ授業「はじめての9教科定期テスト得点力UPクラス」では、1回40分の授業で、テストに出やすい要点を効率的に勉強することができます。6/6(日)は9教科の勉強法や、実技教科のテストの対策法を楽しく学ぶことができ、定期テストへの意識を切り替えるきっかけづくりとしてもおすすめです。
「まずは週1回、このオンラインライブ授業だけでも参加してみない?」とお子さまにお声がけください。

c1_202105_0171_2.png

科目が多すぎて何からやったらよいかわからないー
進研ゼミの教材で、14日間で計画的に学習!

教科数が増え、定期テストの勉強をどう進めたらよいかわからないお子さまも多いかと思います。まずは、定期テストに向けて、いつ・何に取り組むか、計画を立てることが大切です。計画の立て方に慣れるまでは、ぜひ保護者の方にサポートしていただくことをおすすめいたします。

進研ゼミでは、14日間で定期テストの対策ができます。
『定期テスト厳選予想問題』『定期テスト暗記BOOK』など進研ゼミの教材は、テストによく出る問題を集めているので、得点力UPがねらえます。ぜひご活用ください。

■ハイブリッドスタイルの方

「定期テスト対策モード」をご活用いただくことで、お子さま専用の14日間の計画表を自動で作成します。設定に必要な情報はたったの3つ。すぐに設定できます!

c1_202105_0171_3.PNG

定期テスト対策ラインナップ教材などの中から、お子さまの状況に合わせて、いつ・どの教科の・どの単元に取り組むか、計画表を自動で作成します。
計画を立てた後は、HOME画面に「定期テスト今日のおすすめ」が表示され、今日取り組みたいレッスンが毎日自動で出てくるようになります。

c1_202105_0171_4.PNG

■オリジナルスタイルの方

定期テスト対策は14日前から、実技テスト対策は3日前から取り組むことがおすすめです。
計画を立てるときには、6月号巻頭の「定期テスト大成功カレンダー」をぜひご活用ください。

c1_202105_0171_5.PNG
  • オリジナルスタイルの方のみにお届けしています。

<計画の立て方例>
①学校のワーク類、厳選予想問題、暗記BOOKなど、取り組む教材をすべて洗い出す
②各教材のテスト範囲のページの数を数える 
③ ②で数えたページ数を日数で割り、いつ・どの教材の・どのページに取り組むかを、カレンダーのマークを参考にしながら教科ごとに書き込む
※間違えた問題にもう1回取り組む日をつくると、より学習効果がアップします!

中学生になって初めての9教科の定期テストを、進研ゼミを活用して、ぜひ成功させましょう!

月1回、進路について考える機会をー
定期テストや高校入試をサポートする「進路オンラインセミナー」を開催!

「進研ゼミ」では、日々の勉強や定期テスト対策、そして高校入試を見据えたオンラインセミナーを開催しています。
ぜひ親子でご視聴ください。


〈親子向け〉
●内申点アップにつながる勉強のポイント
5月22日(土)19:00~19:30


●中1・2から始める高校探し
6月26日(土)19:00~19:30


※上記の親子向けセミナーはチャレンジパッドや会員ページの「オンラインライブ授業」から視聴できます。詳しくは 「中1 オンラインライブ授業のご案内(追加受講費不要)」 をご覧ください。

【ハイブリットスタイル受講生の方向け】よくあるお問い合わせのご紹介

ハイブリットスタイルご受講中の方からよくお問い合わせいただく、進度(カリキュラム)の合わせ方と、赤ペン先生の添削問題の取り組み方について、ご紹介します。

学校の授業と進度がずれてしまって困っています。
「授業カルテ」にいって「進度を合わせる」をタップするか、直接目的のレッスンに取り組んでください。

▼進度の調整の仕方

c1_202105_0171_6.PNG
[赤ペン先生の添削問題]にどうやって取り組めばよいかわかりません。
「得点力アップレッスン」の「演習」から取り組むことができます。専用タブレットで取り組んでください。
詳しい取り組み方については こちらの記事で紹介しています。

お知らせ