【中2・9月号】テスト対策で慌てない!今から始めるテスト準備(ハイブリッドスタイル・オリジナルスタイル)

図_1_2.JPG

いつもよりも短い夏休みを経て、定期テストや実力テストが気になる方もいらっしゃるかもしれません。
授業対策もある中、効率よくテスト準備をするポイントはズバリ「暗記」。その具体的な方法をご紹介します。

今のうちから「暗記」でテスト準備を


夏休み明け近辺から、生活リズムと学習リズムを整えていくことは、秋からの中2生にとってとても大切です。

学習リズムを整えるための「進研ゼミ」の基本的な活用法は、平日には<デジタルレッスン>や<中2チャレンジ>を、そして土日には<赤ペン先生の添削問題>に取り組むこと。

今年は休校などの影響で、定期テストの範囲が広がったり、重要度が増していたりするので、今から定期テストへの準備をしましょう。そのため秋からは基本的な「進研ゼミ」の活用に加え、「スキマ時間に暗記」をプラスすることをお勧めします。

今年は長期休校の影響で、秋以降にようやく本格的な学習がスタートとなる場合も多く、定期テストではその知識の定着が求められます。

また学校によっては通常よりも範囲が広いというのも、この秋以降の定期テストの特徴です。さらに難単元が増える中2後半ということもあり、テスト勉強をするのに時間がかかる場合があります。

しかし今のうちからスキマ時間を活用して「暗記」に取り組んでおくと、定期テストへの早めの準備が無理なくスムーズにできるのです。

先輩たちもこれで成功! <定期テスト暗記BOOK>のフル活用を

忙しい中2生がテスト準備をするのに最適なのが<定期テスト暗記BOOK><定期テスト厳選予想問題>と合わせて使うのがベストですが、まだ範囲が発表されていない場合には、まずは<定期テスト暗記BOOK>を使い、スキマ時間を活用して、効率よく基礎固めをしましょう。
ちょっとしたスキマ時間に取り組むことは、テスト準備はもちろんですが、短期集中で勉強ができ、繰り返し学ぶことが苦ではなくなることから、学習を習慣化しやすくなるというメリットもあります。

図_2.JPG

※お届けは入会時によって異なります。

2つのステップで知識を整理して暗記力Up!

ただやみくもに覚えればよいのではなく、実は暗記にはコツがあります。

<社会の場合>
●STEP1:全体像を確認
パーツで覚えるのではなく、全体像をつかむことが忘れにくい暗記につながります。

●STEP2:一つひとつの重要用語を確認
重要用語を確認しながら、一問一答で知識を定着させます。

●さらにテストで成功するために:ケアレスミス防止に「書く」
頭で覚えるだけではなく、実際のテストと同じように、書くことでケアレスミスを防止します。

詳しくは<定期テスト暗記BOOK>の中でご紹介していますので、お子さまが楽しみながら取り組める暗記法を活用してみてください。

直前の定期テスト対策は「オンライン授業」、さらに受験情報は「オンライン進路講座」で(追加受講費不要)

「暗記」で知識の土台作りができたあとは、直前対策として「オンライン授業」を活用しましょう。

▼オンライン授業「得点力UP講義」
・9月27日(日):数学 10:30~11:00
※詳しくはこちらをご覧ください。

またそろそろ気になる受験情報は、「オンライン進路講座」をご活用ください。

▼オンライン進路講座「中2秋からの「内申点」アップ術
・9月20日(日)18:00~18:30
※詳細が決まり次第、こちらでご案内いたします
※名称・デザイン・講座の内容・開催日時等は最新の入試情報などにより変わることがあります。

※お子さまの進研ゼミの会員番号・パスワードが必要です。

今のうちからスキマ時間を活用した暗記に取り組み、自信をもってテストを迎えられるよう、
お子様を応援してあげてくださいね!

お知らせ