定期テストQ&A「学校のワークとゼミのどちらをやればいい?」など

c1_5_2_1.PNG

定期テスト前になると、中学校から配られるワークの提出課題や大量のプリント。
『進研ゼミ』からも定期テスト対策教材が・・・。
今回は、「結局、定期テスト対策って何をやればいいの!?」の声に、Q&A形式でお答えします。

Q1. 学校のワークの課題をギリギリまでやっていて、定期テストの勉強が終わらない!

定期テストの前に学校からワークの課題が出されることよくあります。
実際、苦労していている先輩も多い様子・・・。
ワークの課題が終わらずテスト前日の朝4時まで、提出の為にやってしまい、テストの時間中は寝ずにテストは出来たが、眠たかった。結果は散々...。(千葉県 S.S先輩)
最初に多くの時間を使って、自分でノートにまとめたり言葉を覚えたりしたので、あとでやろうとしていた提出することになっているワークが全然終わらなくて焦りました。(新潟県 H.S先輩)
※2019年11月実施「勉強法アンケート(高1生)」より。

A1. 学校のワークなどの提出課題は最優先で。日頃から少しずつ取り組みテスト14日前までに終わらせるのがベスト!

定期テスト前に出されるワークなどの提出課題は、最優先でやるべきです。
もちろん学習内容の理解を深められますし、学校の成績、つまり「内申点」にもつながりますので、提出期限を守ることもとても大切。
できれば定期テスト前にまとめてやるのではなく、日頃の学習として少しずつ取り組んでおくとよいでしょう。

Q2.<定期テスト厳選予想問題>は「いつ」「どうやって」使えばいい?

A2. テスト7日前から、解けるようになるまで繰り返し取り組んで得点力UP!

14~8日前はスキマ時間をうまく使ってニガテ対策や暗記を効率よく進めましょう。
そして、部活が休みになる7日前からは<定期テスト厳選予想問題>に繰り返し取り組むのがおすすめです。
テストによく出る問題を集めているので、定期テストの得点力UPがねらえます。

定期テストの勉強法に迷ったら、<ギモン解消ひろば>がおすすめ!

c1_5_2_4.png

定期テスト勉強は、多くの中学生が同じように悩むところ。
『進研ゼミ』の<ギモン解消ひろば>は、中学生から寄せられる質問・相談、つまずきやすいポイントなどと、それに対する回答をまとめたものです。
「勉強法」についてのQ&Aをご覧いただき、お子さまと似たようなギモン・悩みがないかぜひ探してみてください。

【アクセス方法】
■ハイブリッドスタイルのかた
・<中1・2>ホーム画面の「ギモン・悩みを解消する」をタップし、「問題の解き方」「勉強法」をタップ
・<中3>ホーム画面の「学習アドバイスルーム」をタップし、「5教科のギモン」「勉強法のギモン」をタップ

■オリジナルスタイルのかた
www.zemi.jp
から、会員番号とパスワードを入力してログイン

お知らせ