【中3・オリジナル】効率よく学習を進めたい!進研ゼミ教材の上手な活用方法(4月号)

chu3_4_or_sm.pngいよいよお子さまは受験生。 合格を勝ちとるため、納得のいく一年となるよう受験生として早めのスタートを切ってほしいもの。

でも、いろいろ届いた4月号の教材、うまく活用できるのかしら...?
そんな心配をされている保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、全ての教材をしっかり活用したいお子さまはもちろん、忙しくて自宅学習に割ける時間が少ないお子さまにもオススメの活用法をご紹介します。
受験に向けて、必要な学習を効率よく進めていけるよう、保護者の方もぜひサポートしてあげてください。

保護者も知っておきたい!基本的な教材の活用方法

まずは、夏前までの基本的な教材活用方法です。 平日と休日でやることを分けて、メリハリをつけて受験生に必要な学習を進めていきます。
chu3_4_or_gakusyuhou.png「うちの子は、部活などもあり、忙しくてとても無理!」という方、「必要なところだけを勉強させたい!」という方は、この記事下方の
★自宅学習の時間があまり取れないお子さま、必要な教科のみに取り組みたいお子さまは?
の活用方法をまずはお試しください

4月号活用のスケジュール

お届けした4月号教材は、春休み期間から授業スタート後まで、メリハリをつけて学習を進めていける構成になっています。

1.【春休み】「春期講習」で中1・2の総復習

syunki_or.png春休み期間には、中1・2の学習範囲を復習できる<受験Challenge>に取り組みましょう。<合格への予想問題100>は、テーマの仕上げの予想問題がまとまっています。4月号では、1教科2問×5教科の10問である1~10をお届けしています。
or_jyukench.png※ここで紹介している「春期講習」とは、自宅で教材に取り組むプログラムのことです。

2. 【新学期がスタートしたら】は<合格可能性判定模試>に取り組む

4/4(土)は、<合格可能性判定模試>への一斉取り組み日です。できるだけこの日に取り組んでしまいましょう。もちろん他の日に取り組んでもOKです。
gohan.png模試の目標提出日は4/30(木)
模試を4/30(木)までに提出すると、ハッキリとしたキレイな文字が書きやすいシャープペンシル<いち高合格☆クルトガアドバンス>がもれなく手に入ります。
※<いち高合格☆クルトガアドバンス>は、<合格可能性判定模試>4月号を、しめ切り日の4/30(木)までに「ゼミ」で受け付けた方で、7月号まで受講している方に、7月号と同送でお届けします。

3.【4/6~4/19】<中3Challenge>で「内申点UP対策」

学校ではいよいよ新学期がスタート。
全ての都道府県で公立高校の入試に影響する中3の内申点対策は、4月からの対策がカギとなります。
計画的に<中3Challenge>に取り組んで、日々の学習の中で苦手やあやふやな部分をためずにつぶしておくことが大切です。
日々の地道な取り組みが、授業や定期テストの対策にもなり、内申点UPにもつながります。 or_chu3ch.png

★自宅学習の時間があまり取れないお子さま、必要な教科のみに取り組みたいお子さまは?

時間がないお子さまや、必要な教科のみに取り組みたいお子さまは、<受験Challenge>、<中3Challenge>から、自分が必要と思うものを選んで取り組むだけでもOK!
例えば、部活で忙しいけど、苦手な数学の<中3Challenge>だけは、習ったその週のうちに15分だけでも取り組むようにする、塾に通って国語、数学、英語の受験対策をしている人は、ゼミ教材は理科と社会の<受験Challenge>のみ活用するなど、お子さまに合ったやり方を工夫してみてください。

お子さまも、保護者の方も、届いた教材をすべてカンペキにやらなくては、と気負わなくても大丈夫です!
必要なものを選んで取り組んでいくことで、部活と両立しながら入試に必要な土台を固めていくことができます。

5月号では、定期テスト対策教材をお届けします。teite.png

お知らせ