『中一講座』教材のじょうずな使い方(ハイブリッドスタイル)

進研ゼミ『中一講座』の使い方をご紹介します。お子さまの教材活用の参考にしてください。
C1_4_smn_or.pngのサムネイル画像

基本サイクルは、「計画」→「講義・問題」→「赤ペン」

1か月の基本的な学習サイクルは以下の通りです。
専用タブレットで自動生成される「学習プラン」に沿って、学習を進めましょう。
締めくくりとして、毎月の「赤ペン」などの提出課題で確認・定着させます。

  1. 目標などを設定して「学習プラン」を自動生成
  2. <デジタルチャレンジ>で、日々の学習(予習・復習)を進める
  3. 提出課題(「赤ペン」など)で仕上げ

【こんな時どうする?】忙しくて勉強がたまりそう...。

中一<ハイブリッドスタイル>では、お子さまの学習状況を分析して、週に1回学習プランを自動で調整
優先して勉強すべき教科に絞り込むなどして、1か月の学習を無理なく進められます。
PHたま丸.png

【こんな時どうする?】初めての定期テスト対策。どう始めたらいい?

定期テスト日程を入力すれば、最適な時期に「定期テスト対策モード」が自動でスタート。
お子さまのテスト範囲と目標点に合わせたテスト対策プランをご提案しますので、それに沿って学習すれば大丈夫。ご安心ください。
※「定期テスト必勝ルーム」は5月号からご使用になれます。
PH定テ.png

【こんな時どうする?】あっという間に終わってしまって、やることがない!

時間があるときには、追加料金不要の<Challenge English>で英語検定対策がおすすめです。
お子さまのレベルに合わせて「読む・書く・聞く・話す」の4技能別にトレーニングできます。
※「チャレンジパッド2または3」からは、ホーム画面の「英語検定対策」タブから「CE中高アプリ」ボタンをタップしてください。

4月号の使い方は<My Style>をチェック!

お子さま向けに、教材の使い方もわかる<My Style>4月号をお届けしています。
中学生活のスタートを応援する勉強特集などもありますので、ぜひお子さまにお声かけください。
mystyle.png

お知らせ