• 中二

【中2・8月号】やることを迷わず最短で!「ゼミ」の夏期講習で成績アップ

中2・8月号記事 中2・8月号記事

部活に塾に習い事。中2の夏は忙しく、夏休みもあっという間に終わってしまうものです。お子さまが勉強をやる気になったときに「どこから手をつけたらいい?」と迷っていてはもったいないですよね。要点をサッと押さえて秋以降の成績アップにつながる総復習のやり方と、お子さまのやる気を高める保護者の声かけをお伝えします。

【ポイント①:スタイル共通】3日間のオンラインライブ授業+動画で要点を一気に復習!

学習を進めるうえで、つい後回しにしてしまうのが「ニガテ」な教科や単元。しかし一度ニガテ意識を持つと、どんどん取り組まなくなってしまうので、早めにつぶしておくことが大切です。そのためにはまず、7/24(日)~26(火)に実施するオンラインライブ授業(英数)+動画(国理社)による「ササッと5教科要点復習クラス」(※)に参加して、5教科の要点を一気に復習するよう、お子さまにお声がけください。

  • 中2・夏までの範囲で、積み上げ教科でニガテがうまれやすい英語・数学は、チャットでの質問が可能な「オンラインライブ授業」での実施です。国語・理科・社会の授業は学校で習ったテーマの動画を選んで視聴するかたちとなっております。事前に録画した映像授業を配信するため、教科の質問にはお答えできません。

「ゼミ」のレッスンやマークテストの正答率などから抽出した、特につまずきやすい問題に絞って解説するため、5教科の要点が3日間という短期間でおさえられます。夏休みの最初にニガテをすっきり解消しておけば、その後の夏休みの宿題や、AI Naviまたは〈Challenge〉での総復習がスムーズに進み、秋以降の学習の理解度もアップします。


●オンラインライブ授業・進路セミナーの日程を確認する

  • ここでご紹介したものの名称・日程・内容などは変わることがあります。最新の情報は「オンラインライブ授業」サイトでご確認ください。

【ポイント②:ハイブリッドスタイル】AI Navi「完全個別学習」なら最短ルートで学力アップ!

今までの学習範囲でやり残しやニガテがあっても、大丈夫です。この夏、最短で実力を伸ばすために大切なのは、「やるべきことに絞って取り組めるか」です。

ハイブリッドスタイルの8月号(総復習号)では、全国10万人以上(※)の学習データ×お子さまのこれまでの学習データ×使える時間をもとに、AI Naviがお子さまにとって最適な学習カリキュラムを毎日分析。お子さまが「ゼミ」に使える時間の範囲内で、習熟スコアを上げるためにその日にやるべきレッスンを自動でオススメしてくれるので、最短ルートで学力を伸ばせます。毎日更新されるので、レッスンが「たまってしまう」こともありません。

  • 2021年8月末時点で、2021年度『中二講座』に、1レッスン以上取り組んだ実績がある方の人数です。

AI Naviを利用するには、初回設定が必要です。「AI Naviの初回設定はしてある?」とお子さまに声をかけ、「今日のオススメレッスン」が作成できるようになっているかをご確認いただき、設定されていない場合はサポートをお願いします。
初回設定の方法については、こちらをご覧ください。

c2_202208_gazou01.png


さらに、レッスンに取り組むたびに「何点伸びたか」がわかるので、お子さまのやる気もぐっと上がります。ぜひ、いっしょに見ながら「すごいね!5点伸びたね!」など、お子さまのがんばりをほめる声かけをお願いいたします。


c2_8_HB_2.png

  • 8月号のAIの初回設定が可能な期間、および作成済みのAI総復習カリキュラムをAIが更新する期間は 2022年7月18日から2022年10月19日までです。2022年10月20日以降は、AIの初回設定ができなくなり、AI総復習カリキュラムの更新も止まりますが、すでに生成されたAI総復習カリキュラムのレッスンは使い続けることができます。
  • 9月号からの退会やオリジナルスタイルへ変更された場合は2022年8月31日まで、10月号からの退会やオリジナルスタイルへ変更された場合は2022年9月30日までがAIの初回設定・AI総復習カリキュラムの更新期限となります。

【ポイント②:オリジナルスタイル】8月号は10日間で夏の総復習完成!

やり残している〈Challenge〉があっても、大丈夫。すべてやりきる必要はありません。最短で実力を伸ばすために大切なのは、「やるべきことに絞って取り組んでいるか」です。

〈夏・特別 Challenge 総復習完成号〉では、1学期に習った範囲から重要な単元を厳選。要点に絞って、1回10分で5教科の総復習ができます
これまでの教材がたまってしまっている場合、まずは8月号に取り組むようにアドバイスしてください。わからないところがあれば、その単元の載っている〈Challenge〉や教科書に戻って確認すればOK。「まずは〈総復習完成号〉をやってみよう」とお子さまにお声がけください。

「47都道府県別高校入試セミナー」で受験の目標を持って学習のやる気UP!

長い夏休み、やる気が下がってしまうことがあるかもしれません。そんなときは、お子さまの興味や将来の夢を親子で話し合うのがオススメです。「あの高校に行きたい!」「○○をやってみたい!」と目標が決まると、お子さまの学習のやる気も上がります

中2の夏、お子さまといっしょにご参加いただきたいのが、7/30(土)~8/3(水)に開催する「47都道府県別高校入試セミナー」。受験のプロが、県別の高校入試のしくみや教科別の学習ポイントなどを解説! 昨年度も実施し、「5教科の傾向など知りたいことがわかり、子どもをフォローしやすくなりました」など、大好評。満足度93.5%(※)のうちに終了した大人気のオンラインセミナーです。
来年は、お子さまも受験生。ぜひ、ご家庭で受験や進路を考えるきっかけとしてご活用ください。

  • 2021年7-8月に実施した47都道府県別セミナーライブ参加者で、とても満足+満足と回答した人の割合。

c2_202208_gazou02.png


●オンラインライブ授業・進路セミナーの日程を確認する

  • セミナー開催後には録画を公開いたします。
  • ここでご紹介したものの名称・日程・内容などは変わることがあります。最新の情報は「オンラインライブ授業」サイトでご確認ください。

また、多様化する高校や学科の特徴、高校選びの考え方などをわかりやすく解説した「早めの情報収集で後悔しない! 今始める高校選び」、その地区トップの高校合格に向けた得点戦略などがわかる「難関校対策セミナー」の録画を公開中です。こちらからぜひご覧ください。

  • 保護者の方は「まなびの手帳」アプリの「教育セミナー」からも視聴できます。

夏休み明けも進研ゼミはお子さまの学習を全面サポート! 1月号からは受験対策も

中2の2学期からは難単元も増えてくるため、基礎固めを中心に行う、応用問題にも取り組むなど、状況に応じて戦略的に学習を進める必要があります。10月号ではご受講いただいているコースに応じて、目的別のテスト対策冊子をお届けし、テストの点数アップにつなげます。
また、1月号からは『受験準備講座』が開講。内申点対策はもちろん、入試に向けた総復習ができる冬期・春期講習も実施し、志望校合格に向けて全面サポートいたします。

c2_202208_gazou3.png

お知らせ

  • 【8月号】中1・2・3講座の活用法/オンラインセミナーの告知が更新されました。ぜひご活用ください。