• 中二

【中2・7月号】「勉強した?」ともう言いたくない方へ! やる気が続く、テスト直後の声かけとは?

「勉強した?」ともう言いたくない方へ! やる気が続く、テスト直後の声かけとは? 「勉強した?」ともう言いたくない方へ! やる気が続く、テスト直後の声かけとは?

テスト前は焦って勉強していたけれど終わったらしなくなり、次のテスト前に慌てて勉強し始める。そんなお子さまの様子に、困ったことはありませんか? 実は、テスト直後こそ、お子さまのやる気を持続させる絶好のチャンスです。保護者の方からの声かけで、お子さまのやる気をアップさせましょう。

テストの振り返りにつながる保護者の声かけ例とオススメの教材活用法

テストが終わったら、お子さまがテストを振り返るきっかけづくりをしましょう。


c2_7_gazou01.png


テスト直後であれば、お子さま自身の記憶も新しく、心の内で振り返りをしている可能性が高いです。そのタイミングで、「今回、数学はワークにも取り組んでいたね。がんばったね!」とほめる声かけをしてみましょう。
うまくいけば、お子さまが「でも、時間がなくて焦ってケアレスミスしちゃった」と反省点を挙げるかもしれません。 「こうすればよかったのに」とアドバイスをすると、「わかってるよ!」と返されて逆効果になることもあるので、お子さまが自ら話すのを待ちましょう。

また、お子さまがテストを振り返る様子を見せたら、「どこがうまくいかなかった?」「どうすれば正解できたかな?」と問いかけてみましょう。その際、さらに一歩踏み込むのがポイント。次に何をすべきかを具体的に伝えると、お子さまも学習に取りかかりやすくなります。「惜しかったね! テストで間違えた問題を解き直してみるといいかもね!」「連立方程式の復習をやってみるのはどう?」などと、やわらかく声をかけてみましょう。

テスト後は間違えた問題や類題に取り組むと、より理解が深まります。さらに「ゼミ」教材で学習を行うことで、夏までのやり残しをなくすとともに、学習習慣の定着にもつながります。オススメの教材活用法をお子さまのスタイル別にご紹介します。


●ハイブリッドスタイル

テスト後は学習から遠のいてしまいがちですが、まずは〈チャレンジパッド〉でテストの振り返りを行うようにお声がけください。振り返り後、お子さまがレッスンに取り組みやすくなるコンテンツもあり、テスト後の学習離れを防ぎます。テストの振り返りやレッスンをやりきることで、夏までのやり残しをなくすとともに夏に向けての学習意欲を引き上げます。

●オリジナルスタイル
〈中2Challenge〉7月号に取り組むよう、お声がけください。「〈Challenge〉をやりきった!」という達成感はその後のやる気につながります。〈赤ペン先生の添削問題〉も忘れず提出を! 添削された答案を確認することで、お子さまの間違えやすい問題や解き方がわかります。

●ハイブリッド・オリジナルスタイル共通
わからない単元は「オンラインライブ授業」サイトの要点3分動画での振り返りがおすすめです。お子さまが困っているようでしたら活用するようにお声がけください。

最新の入試情報を都道府県別にお届け! 夏のオンライン入試セミナーで情報収集を

テストが終わって部活、遊びといった勉強以外のことに目が向いているお子さまには、都道府県別の入試セミナーへの参加も効果的です。「高校入試なんてまだ先」と思っているお子さまも多いと思いますが、実は中2の学習内容が出題されたり、内申点が入試に反映されるなど、すでに入試はスタートしているといえます。入試の仕組みや内容に触れ、受験を意識することは、学習へのモチベーションアップはもとより、次の定期テストや日々の学習にしっかり取り組むきっかけづくりに役立ちます。

c2_7_gazou02A.png


「難関校対策セミナー」、「47都道府県別高校入試セミナー」の開催日時などについてくわしくは「オンラインライブ授業・進路セミナーのご案内」でご確認ください。開催後には録画を公開いたします。

  • ここでご紹介したものの名称・日程・内容などは変わることがあります。

8月号総復習教材のご案内と内申個別相談サービス開始のお知らせ

部活に塾に習い事。中2の夏は忙しく、夏休みもあっという間に終わってしまうものです。ですが、夏休みの総復習で要点復習やニガテ克服ができたかどうかが秋以降の成績アップや受験に大きく影響します。
進研ゼミの8月号なら、5教科要点総復習オンラインライブ授業と総復習の教材で夏までのやり残しとニガテを一気に解消することができます。
くわしくはこちらから

また、中2の夏に志望校調査や三者面談などが行われる学校もあり、受験・志望校について検討を始めているご家庭も増えてきている時期かと思います。

そこで、進研ゼミでは、7月号期間内(6/20~7/19)、お住まいの都道府県別の内申アドバイスを行う「中2はじめての内申個別相談」を受け付けいたします。今のお子さまの成績を参考に、気になる高校の合格に必要な取り組みや内申点アップのコツをアドバイスいたします。ぜひご利用ください。

「中2はじめての内申個別相談」ご利用方法:
ご相談は原則予約制です。6/20~7/19の13時~20時からご都合のよい日時を選択いただくことが可能です。ご予約が埋まってしまうことが考えられますので、お早めにご予約をお取りください。
「保護者サポート中学講座」個別相談のページの 「保護者向け個別相談ダイヤル」の「高校受験の対策・進路について」からお電話番号と注意事項を確認いただき、電話にて「中2はじめての内申個別相談」とお伝えのうえ、 ご予約をお願いします。予約受付は開始しております。

c2_7_gazou03.png

オリジナルスタイルの方向け
保護者の方からの困りごとFAQ

オリジナルスタイルご受講中の方からよくお問い合わせいただく、進度(カリキュラム)の合わせ方についてご紹介します。

学校の授業と進度がずれてしまって困っています。
〈Challenge〉のほうが学校よりも進んでいる場合は、過去月号の〈Challenge〉を学校にあわせてお使いください。
もし学校の進度のほうが〈Challenge〉より進んでいる場合は、進度リクエストが可能です。入会時にお届けした〈受講サポートBOOK〉20~25ページ、または「よくある質問」(英数国はこちら理社はこちら)をご覧ください。
※ハイブリッドスタイルの方はタブレット上で学習内容の調整が可能です。くわしくは動画「オススメレッスンと学校の授業進度が合いません」をご覧ください。

お知らせ

  • 【7月号】中1・2・3講座の活用法/オンラインセミナーの告知が更新されました。ぜひご活用ください。