• 中一

【中1・10月号告知】難しい2学期の定期テストも大成功をめざせる3つのポイント(ハイブリッドスタイル)

中1・10月号告知HB
中1・10月号告知HB

こんにちは。『中一講座』保護者情報担当の前田です。大事な夏休み前や、定期テスト時期などに、期間限定で、『中一講座』のご紹介をさせていただきます。

今回は10月号のご紹介です。夏休みも序盤の時期に「もう10月号?」と思われたかたも多いかもしれません。しかし、先月号でもお伝えした通り、保護者サポート成功のカギは「一歩先の情報」なのです。
これからも私(前田)は、みなさまに前倒しで情報をお伝えしてまいります。(前田だけに)

さて。
10月号のポイントは、なんといっても定期テスト対策です。これまで多くの中学生のみなさまを拝見してきましたが、中1の2学期は、定期テストの難易度が1学期からグンとUPするので、得点差がつきやすく、いわゆる「成績の2極化」が生じる時期でもあります。
ですが、どうぞご安心ください。長年定期テストを研究してきた「ゼミ」だからできる定期テスト対策があります。

難しい2学期の定期テストも大成功をめざせる、3つのポイント

ポイント1)1000人以上の先輩の声をもとにした特別冊子〈超よく出る3題〉をお届け

c1_202210PR_01.png

「進研ゼミ」編集部にはこれまで定期テストを経験した多くの先輩の声やデータが蓄積されています。10月号では1000人以上の先輩の声をもとに、英語・数学のよく出る3題に絞り込んだ特別冊子〈超よく出る3題〉をお届けします。巻末には定期テストで最後の10点をとるのに必要な難問を厳選し、その難問の答えを導く上での実践的なテクニックがステップ形式でわかる「難問攻略BOOK」もついています。どうぞご期待ください。

ポイント2)約6.9万人の先輩の報告をもとに「出た問題」を学校別に選定(※1)

現在ご受講いただいているハイブリッドスタイルの〈定期テスト予想問題デジタル〉では、中学校別に「出た問題」を表示しています。多くの先輩の報告をもとに、デジタルならではの強みを生かした出題で、無駄のない対策が可能です。

ポイント3)9/25(日)スタートの「オンラインライブ授業 定期テスト得点力UPクラス」はステップ別に開催

1学期も多くのかたにご受講をいただいた「オンラインライブ授業 定期テスト得点力UPクラス」がパワーアップ。ステップ別に「テストに向けて『絶対おさえておくべき基礎』を講師がわかりやすく解説する講義」と「テストに出る厳選した問題を演習&解説でカンペキに理解できる講義」の2種類をご用意します。お子さまの得意・不得意や理解度などに応じて、ぜひ柔軟にご活用ください。



いかがでしたか? 少々先の話ではありましたが、夏休みが終われば、すぐに「次の定期テストの足音が...」というのも現実ですので、保護者のかたには、前倒しでお話をさせていただきました。

とはいえ、今は夏真っ盛り。どうぞ体調にお気をつけて、お子さまと素敵な夏をお過ごしください。

(私は、この季節「あたらよ」というバンドの「夏霞(なつがすみ)」という曲をよく聴いています。 夏の暑さとあいまって、曲の世界が広がる気がしています)
  • 1) ・2020年度〈定期テスト予想問題〉の学校の定期テスト出題有無を報告完了してくれた、2020年度<ハイブリッドスタイル>会員(中1~中3)の人数。 ・2021年度教材に関する報告結果は分析集計中です。 ・中学校データがない場合、学校別の出題表示はありません。 ・実技教科に学校別の出題表示はありません。 ・オリジナルスタイルの〈定期テスト厳選予想問題〉には学校別の出題表示はありません。全国の出題傾向から分析した「よく出るマーク」を参考にしてください。
プロフィール写真 プロフィール写真
『中一講座』
保護者情報担当
前田(まえだ)
小学講座・中学講座で保護者情報誌の編集を歴任。2児の父。 ≪趣味≫読書・映画・ラジオ・漫才・落語・筋トレ。 ≪性格≫粘り強いが涙もろい。 ≪座右の銘(自作)≫できることは、前倒しで。(前田だけに)

お知らせ

  • 【8月号】中1・2・3講座の活用法/オンラインセミナーの告知が更新されました。ぜひご活用ください。