2016年10月20日(木)

第6回「おしえて岩谷さん」 ~チャレンジするということ~

第6回は、ついに打ち上げ報告(ほうこく)!あきらめずにチャレンジすることについて、教えてもらったよ。


第6回 チャレンジするということ

こんにちは。岩谷圭介(いわやけいすけ)です。
この秋、台風と台風の間を見計らって、沖縄(おきなわ)の宮古島(みやこじま)でガンバルーンの打ち上げをしに行ったよ。

朝6時。打ち上げ場所に向かって出発だ。そして、ここが島のはずれにある海岸、今回の打ち上げ地点だよ。とても良(よ)い天気。絶好(ぜっこう)の打ち上げ日和(びより)だ。
空の風もいい感じ。さっそく準備(じゅんび)開始だ。

uchiage1.jpg

荷物を開いて、準備(じゅんび)、準備(じゅんび)。オレンジ色の派手(はで)なのが、風船につるして飛(と)ばす装置(そうち)だよ。
どうしてオレンジなのかというと、海の上で目立つからなんだ。そう、今回飛ばしたら、宇宙(うちゅう)を見た後、海に落っこちるのです。そして、それを回収(かいしゅう)するまでがミッション。


uchiage2.jpg

風船を膨(ふく)らませたよ。

大きな風船だね。2メートルくらいあるよ。

この風船、地上では小さいのだけれど、空に上がるとどんどん膨(ふく)らんで、最終的(さいしゅうてき)には3階建(かいだ)てのビルより大きくなるよ。


オレンジ色の装置(そうち)の手前に宇宙服(うちゅうふく)を着たコラショが乗っているのがわかるかな?


uchiage3.jpg

さあ、打ち上げだ。3・2・1で、空に放つよ。

風船はあっという間に地上から離(はな)れて、飛(と)んで行ってしまったよ。
良(よ)い空の旅を送ってくれるよう願(ねが)おう。

uchiage4.jpg

さあ、風船が飛(と)んで行ったから、ぼくは追いかけなくてはいけない。
船に乗って追跡(ついせき)だ。


uchiage5.jpg

風船を飛(と)ばして2時間経過(けいか)。
そろそろ風船が割(わ)れて、遠くの海に落下しているはずだ。
装置(そうち)は船よりずっと速いんだ。
さあ、急いで向かおう。


レーダーを見ながら装置(そうち)を探(さが)すよ。
たぶんこの辺(へん)のはずなんだけれど・・・・・・



あ、あった!


uchiage6.jpg

波の間をぷかぷか浮(う)かぶオレンジの物体。
あれはまぎれもなく、さっき飛(と)ばした装置(そうち)だ。
コラショは無事(ぶじ)かな。
映像(えいぞう)は撮(と)れているかな。
不安(ふあん)な気持ちいっぱいで回収(かいしゅう)して、映像(えいぞう)を見てみると......

みんなのガンバリスト宣言(せんげん)と、コラショを無事(ぶじ)に宇宙(うちゅう)の入り口までつれていくことができたね。
空の天気が悪くて、なかなか飛(と)ばすことができなかったけれど、あきらめずチャンスを探(さが)していたから、実現(じつげん)できたんだね。

みんなもいろいろな夢(ゆめ)があると思うけれど、いつも思い通りにうまくいくわけではないと思う。
そんな時も、あきらめずにチャンスを探(さが)し続(つづ)ければ、必(かなら)ず実現(じつげん)させられるよ。
みんなもどんどんチャレンジして、いろいろな夢(ゆめ)を叶(かな)えていってね。


ガンバルーンはひとまずここでおしまいだけれど、ぼくもこれからもいろいろなチャレンジをしていくよ。

いっしょにがんばろう。それじゃあ、またどこかで会いましょう。またね!