2016年7月26日(火)

第1回「おしえて岩谷さん」 ~風船でうちゅうって、どういうこと?~

7月26日の「ガンバリストブログ」


みんなの宣言(せんげん)をのせたガンバルーンを飛ばしてくれる岩谷さんから、
宇宙風船(うちゅうふうせん)のことや、宇宙実験(うちゅうじっけん)のこと、
小学生のころのおはなしなどをしてもらう「おしえて岩谷さん」ブログ。
第1回は、風船でうちゅうをさつえいするってどういうことなのかをおしえてもらうよ。



第1回 風船でうちゅうって、どういうこと?

みなさん、こんにちは。
今年(ことし)の夏、みんなのガンバリスト宣言(せんげん)とコラショを空にとばして、
うちゅうの入り口へつれていくミッションをすることになった、岩谷圭介(いわや けいすけ)です。
ぼくは風船でうちゅうをさつえいしているんだけれど、今日はみんなに、うちゅうさつえいをする風船についてせつめいするね。

風船はみんなさわったことあるよね。
そう、ふわふわうかんで、持っているとちょっと幸せな気分にしてくれる、あの風船だよ。
うちゅうをさつえいする風船は、みんなが知っている風船をもう少し大きくしたものだよ。
空にとばす前の大きさは大人(おとな)がすっぽり入るサイズ。
風船から手を放すと、空にとんで行ってしまうね。空に上がっていくと、風船はどんどんふくらんでいくんだ。
うちゅうに近づいていくと、空気がうすくなっていくから、風船の中のガスも同じくうすれようとして、ふくらんでいくんだよ。
まちで見かける風船は、富士山(ふじさん)くらいまでしか上がれないけれど、
ぼくが使っている風船は、とっても大きくなることができるから、高いところまでのぼることができるんだ。
体育館がいっぱいになるくらい大きくなれるんだよ。

高くのぼった風船からは、こんな景色(けしき)が見えるよ。


ぼうけん10.jpg

写真 1 風船カメラがとらえたうちゅうの入り口 もう、ほとんどうちゅうだね。ここがうちゅうの入り口だよ。

今年(ことし)の夏、みんなのガンバリスト宣言(せんげん)とコラショをここまでつれていくよ。 みんなのガンバリスト宣言(せんげん)、どんどんおうぼしてね。待ってるよ!

岩谷圭介(いわや けいすけ)