しましまサポーターこどもちゃれんじスタッフブログ

結果報告

こどもちゃれんじ
“こどもちゃれんじ編集部”
しましまサポータースタッフ

冬の紹介プレゼント★投票結果報告

6月に「しましまサポーター」のみなさんに投票していただいた「冬の紹介プレゼント」が完成しました。投票してくださったみなさん、ありがとうございました。さて、みなさんからの投票結果は・・・

1位「とんがりニット帽&ミトン」

ダントツ一番人気でした。黒と赤から選べるので、男女どちらも使えそうですね。

01.png

2位:ふわふわブランケット&ミトン

これからの寒くなる季節、ベビーカーなどにも使えて便利ですね。しまじろうのカバー、決してかぶったりしないでくださいね。

02.png

そして、惜しくも敗れ去ったモノたち

両耳にしまじろうがいる「イヤーマフ」や、後ろにひくとびゅーんんと走る「プルバッグカー」。持ち運びに便利な「おやつケース」などなど。ほしかったなーという人は、ぜひ、次の機会に、こんなものがあればうれしいと、提案してくださいね。

03.png

<こどもちゃれんじ>紹介制度のグッズは、毎回、しましまサポーターのみなさんの声をもとに、製作しています。これからもぜひ、アンケートにご協力くださいね。

田中理映
“札幌出身。どさんこパワーでがんばります!”
こどもちゃれんじ編集部 田中理映

しましまサポーターイベント第二弾を実施しました!

久しぶりの更新になってしまいました!すみません!!

先日3月5日(土)に、エリアベネッセ青山にて、

しましまサポーターイベント「親子で知育あそびワークショップ~"わかっているのかな?"を"あ、わかっている!"に変える方法~

を実施しました!

blog0314-3.jpg

どこまでできればOK!というはっきりとした指針がない幼児期の学びについて、

幼児期にはどんな内容を学でおけばいいのか、どうやって学ぶことが効果的なのか?を

考えるワークショップを実施しました。

第一部では、こどもちゃれんじのキッズワークや映像で監修をしていただいている

沢井佳子先生のレクチャーで、幼児期の学びを客観的に考えてみました。

blog0314.jpg

第二部では、第一部の学びを親子で一緒に取り組むワークショップを通じて体験してもらうという

内容です。

blog0314-4.jpg

"間違った時にどうやって伝えれば伝わるのか"

"キッズワークはすぐに終わってしまうから、そのあとどうすればいいのか"

"本当に理解しているのか、していないのかが分からない"

という、日々の困りごと、迷いごとに、沢井先生からもさまざまなアプローチ法を提案いただきました。

その中でも、参加の方々からも、多くご感想をいただいたのが、

"キッズワークを学びの「レシピ」として見ていく"という言葉でした。

1日でワークが終わっちゃうからと言って、30冊ワークをやるのではなく、

幼児期には、遊びや体験と学びを結び付けていくこと、生活に中に学びを取り込んでいくことが

大切であり、効果的です。「レシピ」とは、1冊のワークの中にでてきた学びの内容を参考に、

生活の中での問いかけにしていくことです。

たとえば、数の問題も、ワークの中の課題としてだけではなく、

ワークで7の数の分解をやっていたら、いちご7個を「どうやってわけよっか」などと、言ってみることで

生活に取り入れていくことができます。

blog0314-2.jpg

このイベントでの内容は、今後、キッズワークがスタートするほっぷ講座の中でも

ご紹介していこうと考えています。

今後もみなさんからのお声をもとに、教材開発や情報発信をしていきたいと思っていますので、

今後ともしましまサポーターとしてよろしくおねがいいたします!

中川華
“楽しい!嬉しい!を目指して商品を作ります♪”
こどもちゃれんじ編集部 中川華

ドーナツ数ポスター、できました!

おふろの数ポスターのドーナツ種類の投票、ありがとうございました!

posterpure.PNG

投票の結果・・・

チョコレート

いちご

プレーン

チョコスプレー

クリーム

の5種類のドーナツになりました!

楽しいドーナツ屋さんの開店です!

donutposter.PNG

ぽけっと3月号でお届けします。お楽しみに♪

裏面は、ひらがなポスターです!

hiraganaposter.PNG

1  2
トップに戻る