しましまサポーターこどもちゃれんじスタッフブログ

今日の編集部

こどもちゃれんじ
“こどもちゃれんじ編集部”
しましまサポータースタッフ

4月開講号の制作現場を突撃! 1・2歳向け〈ぷち〉の"オノマトペ"って何?

〈ぷち〉4月号で「おしゃべりシュッポ」という新教材が登場!どんな教材なのか?何が良いのか?開発担当者である編集部員オガタに聞いてみることに。

そして取材の日、編集部員オガタの席に到着。しかしオガタはいない。そして、オガタの机の表面積の約9割が、いろいろなエデュトイの試作品で埋め尽くされている......。これは確かに机だが、もはや机ではない。

オガタ「何か?」

あ!失礼しました。〈ぷち〉4月号の取材をさせていただきたくて、参りました!今年新登場の「おしゃべりシュッポ」を見せていただけないでしょうか......?

オガタ「ああ、取材の件ですね。最新版の『おしゃべりシュッポ』、あちらにありますよ!ご説明しますね」

petit4_all.jpg

これが「おしゃべりシュッポ」だ!

petit4_elephant.jpg

動物を乗せると、楽しい歌やいろいろな言葉の音声が流れます♪

petit4syuno.JPG

駅舎は、実は収納箱。おしゃべりシュッポと動物たちを全部入れて持ち運べます!

petit4_bag.jpg

収納箱を閉じた状態。収納箱、かわいい......!持ち運びに便利ですね!

さて、もう一度開いて遊ぼうっと。

petit4_rabbit3.JPG

うさぎ。お顔もポーズもかわいい☆

オガタ「うさぎを『おしゃべりシュッポ』に乗せてみてください。乗せるたびに、うさぎに関わるいろいろな言葉を聞けますよ。」

petit4_rabbitride.jpg

「♪うさぎさん とぶよ! ぴょん ぴょん!」

ぴょん、ぴょん♪ うさぎの跳ねる動きの感じを的確に表現する言葉ですね!

オガタ「『おしゃべりシュッポ』で遊ぶことで、いろいろな言葉を吸収できます。1~2歳はわかる言葉が爆発的に増える時期ですからね。」

そうだ、ひとつ気になっていたことが......

「ワンワンだね」とか「ブーブーきたね」とか、赤ちゃん言葉を使うことがありますけど、犬のことを「ワンワン」って教えるのは良くないんでしょうか?「いぬ」って教えたほうがいいですか?

オガタ「『ワンワン』のように感覚的に理解しやすい言い方は、むしろおすすめですよ!1~2歳の時期は、モノと音を結びつけている段階なんです。犬を見て、『ワンワン鳴く』『ふわふわしている』『茶色いのも、白いのもいる』といった感覚的な情報をたくさん集めて、"犬というモノ"を理解していきます。なので、むしろ『ワンワン』や『ふわふわ』などの感覚的な言葉をどんどん使ってほしいですね。」

オガタ「『ワンワン』『ふわふわ』のように、音を言葉に置き換えたり、動作や見た目を感覚的に表現したりする言葉を、『オノマトペ』と言います。擬音語や擬態語、擬声語ですね。

〈ぷち〉講座では、感覚的に理解できる『オノマトペ』を多く取り入れることで、お子さんの言葉の豊かさ、ゆくゆくは発語にもつながっていくように、と考えています。」

「おしゃべりシュッポ」に動物を乗せたり、降ろしたりする楽しい遊びのなかで、

感覚的に理解できる、1~2歳にぴったりの言葉にたくさんふれられる。それが言葉の習得につながっていく!ということなんですね。

この遊び......1~2歳児はえんえんとエンドレスに繰り返しそうです。

オガタ「5月号以降は『くだものパーツ』が届いて、食べることに関するいろいろな言葉にふれられますよ。」

petit4_fruits.jpg

食べることに関する擬音語・擬態語といえば......

ぱくぱく、もぐもぐ、むしゃむしゃ、ばくばく、ぺろぺろ、ぽりぽり、・・・

日本語にはいろいろな表現がたくさんありますね!

「おしゃべりシュッポ」は「ぱくぱく「もぐもぐ」「りんご しゃりしゃり」などをおしゃべりしてくれるようです♪

オガタ「車輪にも実は工夫があって」

オガタ「左が前の試作品で、右が改良版なんですけど」

petit4_beforeafter.JPG

オガタ「『自分がやったことの結果がわかる』ようにと思って、車輪に模様を付けたんです。

こうすれば、自分が動かしたら車輪が回るのが、目に見えてわかるでしょう?」

petit4_newwheel2.JPG

そうか。オガタの机に積まれた試作品の山は、お子さんのために何ができるか?を考え続けた、試行錯誤の結果なんですね......!

オガタは他にもいろいろな特長を教えてくれました。今回ちょっと長くなったのでその一部のみご紹介。

オガタ「後ろに、接続部がありますよね?」

petit4_connect2.JPG

オガタ「ここに、〈ぷち〉2月号でお届け予定のブロックが連結できます。長く遊べますよ。」

うわー来年の2月号が待ちきれない!(元号、何になってますかね......)

オガタ「もうひとつオマケ情報」

え、まだあるんですか!

petit4_hamigakisong.JPG

オガタ「この煙突を押すと、歯みがきの歌が流れます!

同じ4月号で届く歯みがき教材と一緒に使ってくださいね♪」

現場からは以上です。

〈ぷち〉の1年間で、いろいろな言葉を覚えたり、ブロック遊びも上手になったり......。

お子さんの成長が楽しみですね♪

みなさま4月号をお楽しみに!(^^)/

こどもちゃれんじ編集部 川端

こどもちゃれんじ
“こどもちゃれんじ編集部”
しましまサポータースタッフ

「思考力」ってどうやったら伸びるの?教材開発担当に聞いてみた!

shikoryoku1.JPG

思考力って、どうやったら伸びるの?幼児のうちから伸ばせるの?何をすればいい?...ということで、年中さん向け〈すてっぷ〉・年長さん向け〈じゃんぷ〉で4月号から新開講!の「思考力特化コース」開発担当の橋本編集長に聞いてきました!

「思考力特化コース」について知りたい!というかたは、年中さん向け〈すてっぷ〉はこちら年長さん向け〈じゃんぷ〉はこちら をご覧ください♪

橋本「そもそも『思考力』って何だと思いますか?」

ええと...何か問題が起きた時に、自分で解決方法を考えられる、とか...?

橋本「そうですね。今、人工知能の進化やグローバル化などで社会環境は大きく変化しています。これからの社会を生き抜くには『答えがひとつに決まっている問題を解く力』があるだけでは不十分です。」

そうか、環境の変化によって答えが変わることもあるかも。それに、答えがひとつに決まるような仕事はAIがやるから、人間の仕事じゃなくなるかもしれない...。

橋本「思考力とは『決まった正解のない問題に対して、よりよい答えを見つけ出す力』です。自ら論理的に考えて、視点を変えながら、よりよい答えを見つけ出す力を伸ばしてほしい、と思っています。」

橋本「そのためには、幼児期のうちから「考える体験」をたくさんできる環境を用意してあげたいですね。」

shikoryoku2.JPG

「考える体験」ができる環境って?

ええと、"考える体験"ができる環境って、具体的にどうすればいいんでしょうか...?

橋本「『自分の考えを言葉で説明する機会』を作ってあげられるといいですね。例えばワークをやるときに、正解・不正解だけじゃなくて、どうしてそう思う?と理由を聞いてみると、自分の考えを説明する機会になりますよ。」

shikoryoku3.JPG

橋本「この場合、お子さんが答えた内容の正誤よりも、自分なりの考えを説明できることのほうが重要です。もし答えが間違っているなと思っても、すぐに否定したり正解を与えたりしないで、お子さんの考えを確かめて、一緒に考えながら話を続けられるといいなと思います。」

たしかに。子どもが「自分の考えを言っても大丈夫なんだ!」と思えるには、まずは否定せずに受け入れてあげることって大事ですよね!

親子で話して、一緒に考えながら、いろいろな答えを見つけていく。

それが「思考力の伸ばし方」の大切なポイントのようです。

shikoryoku4.JPG

☆橋本編集長直伝!子どもの「思考力」を伸ばす会話のコツ

・思考力は、対話で伸びる。子どもと話そう。子どもの考えを聞いてみよう。

・「なぜ?どうして?」と聞かれたら、「なぜだと思う?」と聞いてみるといいかも!

・子どもの考えが間違っていても、すぐに否定や訂正をしないで、なぜそう思ったのか、よく聞いてみよう。(子ども自身が「自分なりに考えた」「自分の考えを言葉で説明できた」ことが重要☆)

shikoryoku5.JPG

そういえば、わが子が幼児の頃、冬の寒い日の帰宅途中に、近所の自家用車を見て「車にカバーがかかってるのはなぜ?」と聞いてきたことがありました。「なぜだと思う?」と返したら、「寒いからかな?」という答えが。なるほどなー!と。子どもの考えって、親も聞いてて楽しいです。

思考力を伸ばす親子の会話、ぜひやってみてください^^♪

こどもちゃれんじ編集部 川端

こどもちゃれんじ
“こどもちゃれんじ編集部”
しましまサポータースタッフ

キャラクターの名前に隠された秘密とは?

katakana01.jpg

「ワラウフ」ちゃんは、〈こどもちゃれんじすてっぷ〉のカタカナプログラムのキャラクターです。こう見えて実は、ある意味"ラスボス"なんです!では、いったいどんなラスボスなのか?そのヒントは名前に隠されています。

「キャラクターの名前でカタカナを覚えた」という話はよくありますよね。でも、それでカタカナ46文字を全部網羅できているか?と言われると、どうなのかわからないこともありそう。

そこで!4・5歳向け〈こどもちゃれんじすてっぷ〉では、わずか12人のキャラクターで、カタカナ清音46文字をすべて網羅し覚えられるようにしています^^

katakana_robot2.jpg

「ワラウフ」ちゃんは、カタカナ46文字の中でも形が似ていて判別が難しい「ワ」「ラ」「ウ」「フ」の読みを覚えるためのキャラクターなのです。ラスボス「ワ・ラ・ウ・フの判別」までクリアして46文字をコンプリート!

〈すてっぷ〉のカタカナプログラムでは、まだカタカナに興味のないお子さんにも興味をもってもらえるように、まずは〈すてっぷ〉12月号で「おふろカタカナポスター」をお届けして、毎日、自然にカタカナにふれる機会をつくりました。

katakana_poster.JPG

そして翌月の〈すてっぷ〉1月号では、DVDのアニメにキャラクターが登場!リズミカルなラップ調の歌で、キャラクターとカタカナへの興味を引き出します♪

katakana_eizou.JPG

そして同じく〈すてっぷ〉1月号で、親子で遊べる「カタカナカードゲーム」をお届けしています。

katakana_game.jpg

ではここでかるたの読み札と絵札を見てみましょう。

katakana_ne.jpg

どうしてそうなった?

katakana_te.jpg

直々に晴れを宣言。

katakana_to.jpg

トマれない・・・

katakana_mo.jpg

桃も乗れーる・・・

katakana_wo3.jpg

ここでも字形が似ているカタカナを執拗につっこんできます。

このかるた、私自身もおもしろくて大好きです。会員のかたからも「おもしろいので大人も楽しめた」という声をいただいています。ありがたいです。

ちなみに自分が子どもの頃、お正月には家族でコタツに集まって一緒にトランプやかるたをしたものでした。その流れがなぜか惰性で継続されて、夕食後のかるたタイムがひと月以上続いた謎の年もありました。とにかく毎晩、家族みんなで一緒に遊ぶのがとても楽しかったのを覚えています。

"家族みんなで遊ぶタイム"、お時間あるときにぜひ。おすすめです^^

こどもちゃれんじ編集部 川端

< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
トップに戻る