しましまサポーターこどもちゃれんじスタッフブログ

今日の編集部

こどもちゃれんじ
“こどもちゃれんじ編集部”
しましまサポータースタッフ

年齢にあわせて、しまじろうの〇も成長する?!

今月5月5日は、しまじろうのお誕生日でした!

しまじろうのお誕生日

〈baby〉から〈じゃんぷ〉まで、すべての教材にでてくるしまじろうは、実は年齢にあわせていろんなところが成長しているのをご存知ですか?

0歳から6歳までのしまじろうがこちら!

しまじろうの成長

身長や、体重もどんどん大きくなっていくんです♪
お顔もりりしく、大人っぽくなりますね!

ほかには、声の変化や話し方の成長もあるんですよ。

◆〈ぷち〉のしまじろう

〈じゃんぷ〉のしまじろう

日々成長されるお子さまに合わせ、一緒に成長していけるように。
よりお友だちとして親しみをもってもらえるように。
しまじろうの成長には、そんな編集部の思いが込められています^^

ちなみに、しまじろうの好きな食べ物はいちごとドーナツ、
将来の夢は昆虫博士かサッカー選手だそうですよ。

ぜひ、いちごのケーキでしまじろうのお誕生日を祝ってあげてください♪

こどもちゃれんじ編集部

こどもちゃれんじ
“こどもちゃれんじ編集部”
しましまサポータースタッフ

「いかに楽しく書けるか」を追求したひらがな教材!編集部の3つのこだわりとは?

nazorin4_1.JPG

これは4・5歳向け「ひらがななぞりん」。ひらがなをなぞって、書きかたを学べる教材です。

「ひらがななぞりん」には、

・書く難度が低いものから無理なくレベルアップしていくカリキュラム

nazorin4_stepup.JPG

・正しい持ちかたを促す三角形の軸のペン

nazorin4_triangle.JPGのサムネイル画像

・毎月のワークと連動。なぞりんで練習したひらがなを、紙に書く練習も。

nazorin4_work.jpg

......といった、ひらがなの学習効果を高めるスペックはもちろんありますが、編集部がこだわったのは、それに加えて「いかに楽しく書けるか」という点です。

親がやらせたくても、お子さま自身がやる気にならないと難しいですよね。

まだひらがなに興味がなくても、興味をもてるように。書けたら、もっと書きたくなるように。お子さまの「ひらがな書きたい!」意欲を引き出すにはどうしたらよいか?どうしたら自分から楽しんで取り組めるのか?編集部は考えました。

そして編み出した「これなら楽しく書ける!3つの工夫ポイント」はこれ!

★ポイント1:光る!楽しい音が出る!しまじろうたちのリアクションも!

3つの課題をクリアしたら、楽しい音楽とともに光が躍る「ぴかっとダンス」が始まります。ゲームのステージをクリアしたときみたいな感じです♪

さらに、メッセージカードでは、しまじろうたちが返事をしてくれます♪

nazorin4_trippi.JPG

★ポイント2:アニメの謎解きで登場したあの道具と同じ!

4月号のDVDでお届けしている、探偵が活躍する謎解きアニメの中で、「ひらがななぞりん」が大活躍!あの謎解きアイテムと同じものがキミの手に!

nazorin4_anime.JPG

★ポイント3:書きたい言葉を作って書ける!

ひらがなシールを使えば、自分の名前はもちろん、自分が書きたい言葉を自由に作れます♪

170411t_ni_312.jpg

市販の一般的なひらがなの書きワークには「かきかた」という切り口のものが多いんですよね。でも「ひらがななぞりん」では、「年中さんが自分からすすんで楽しく書けること」を大切にして、工夫を凝らしているのです。

7月号の七夕では「子どもの意志を知ることができた」という成長実感の声も

7月号の七夕カードでは、将来の夢を書いたお子さまも多くいらっしゃいました♪

nazorin4_tanabata.JPG

おうちのかたから、「ふだん聞くことのなかった"子どもの意志"をなぞりんを通して知ることができました!」という声をいただきました。

お子さまが自分から学びたくなること、自主性を育むことを大切にした〈こどもちゃれんじ〉。ご家庭で、お子さまの成長を実感するエピソードが生まれましたら、ぜひ編集部にお寄せください(^^)楽しみにしています!

こどもちゃれんじ編集部 川端

こどもちゃれんじ
“こどもちゃれんじ編集部”
しましまサポータースタッフ

「園での様子がわかる」と評判!3・4歳向け「ちゃれんじえんごっこセット」って?

ふだんお子さんが園でどう過ごしているか?ちょっと気になりますよね。4月から新入園のかたはご心配もあるかと思います。

hop_4_1.jpgのサムネイル画像

3・4歳向け〈ほっぷ〉4月号でお届けしている「ちゃれんじえんごっこセット」では、園のごっこ遊びが楽しめますが、それだけじゃないんです!園が楽しみになったり、園での様子を再現できるように、工夫をしています。

「園に行っても、家に帰って来れる」ことがわかる

hop4_touenippan.JPG

新入園を迎えるお子さんは、園バスに乗るのを嫌がってぐずることも少なくないと思います。最初は誰でも不安に思いますよね。ママと離れてひとりで乗せられて行ってしまったら、どうなるのか......。お子さんの気持ちもわかります。

そこで、「ちゃれんじえんごっこセット」では、1日の流れを具体的にイメージできるようにしています。

園バスが来る(→先生にご挨拶→園バスに乗る→園に到着→教室に入って、友だちと遊ぶ→トイレに行く→園庭で遊ぶ→そして、また園バスに乗る)→家に帰る。

そう、「園に行っても、家に帰って来れる」ことが、遊びの中でわかるんです。

hop4_touen.jpg

「ちゃれんじえんごっこセット」は2017年4月号に初版をお届けしていますが、モニターとしてご協力いただいたママの話によると、

「うちのマンションには今年入園した子がたくさんいるんですけど、『こどもちゃれんじをやっている子は園バスに嫌がらずに乗れる』と言われてました」という声も!ありました。

「園でどう過ごしているか」を知る機会に

3歳のお子さんに「園で何をしたの?」「どうだった?」と聞いても、具体的に話すのはまだ難しいですよね。

でも、「ちゃれんじえんごっこセット」で遊んでいると、自分が園で経験したことが随所に現れます。「順番ね~」と先生の声かけをまねしたり、お友だちとのトラブルかな?と思われるシーンを再現することも。また、何かもやもやしてることがあって、言葉で言い表せなくても、遊びの中でそれを出せたりします。

hop4_toiletscene.JPG

トイレに行ったり、

hop4_yuuguscene.JPG

すべり台で順番を抜かされてしまったり。

いろんなことを感じて、体験して、1日を過ごしてくるんですね。

おうちのかたから「幼稚園で遊ぶときの様子をおもちゃを使いながら教えてくれて、親としてはとても助かっています。」「実際に保育園で遊んだ遊びの話や、先生の言ったことも、このごっこ遊びを通じて教えてくれたりしています。」といった声が寄せられています。

コレがあるから園生活を再現できる!必須アイテムとは?

園生活の再現をねらった「ちゃれんじえんごっこセット」には、ごっこ遊びセットとしては実はレアでは?と思われるアイテムが用意されています。

●トイレ

hop4_toilet.jpg

男女別になっていて2つあります。園でトイレに行くシミュレーションができるし、園でトイレに行けているかをうかがい知る機会を得ることも。

●園の先生

hop4_teacher.jpg

先生の声かけをまねて遊ぶシーンが生まれ、先生がどんな声かけをしているかがわかります。

●お友だち数名

hop4_friends.jpg

友だちが複数いるから、園での遊びや、ときにはトラブルも、再現しやすいのです。

●すべり台

hop4_slider.JPG

遊具の取り合い、順番抜かしなど、ありがちなお友だちトラブルを再現するきっかけに。

園で体験したことを表現できるアイテムがあることで、お子さんは、園生活で体験したことや感じたことを遊びの中で再現できるし、親にとっては園での様子がわかるんですね。

1日の振り返りができる園のごっこ遊びは、入園・進級の時期には特におすすめです。

お子さんと一緒に遊んでみてください(^^)

こどもちゃれんじ編集部 川端

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
トップに戻る