突然ですが、〈こどもちゃれんじ〉は、日本国内以外でも展開されているのをご存じでしたか?
実は、台湾、中国、韓国に続き、7月からはインドネシアでもスタートしたので、日本以外にも4カ国で展開されているのです。
まずは、〈ぷち〉〈ぽけっと〉にあたる、ToddlerとPlay Groupが開講。すでにたくさんのかたにご受講いただいています。
ラインナップは日本の教材と同様に、発達段階に合ったDVD、絵本や玩具を毎月お届けしています。
中には、インドネシア仕様のものも。たとえば、Toddlerにお届けしている「おしゃべりプップー」のぶたさんは、イスラム教徒の多いインドネシアでは、うさぎさんに変更になったりしています。
文化や価値観が異なっても、学ぶ楽しさや新しいことを吸収する楽しさは世界共通。〈こどもちゃれんじ〉は、国境を越えて、インドネシアでもしっかりと受け入れられています。

イベントも続々開催!

ジャカルタのショッピングモールなどでイベントも多数開催中。しまじろうと一緒に歌って踊って大盛況。

01.jpg

人気を支える柱は口コミです。実はインドネシアはSNS大国。インドネシアでもしまじろうは「Shimajiro」なのですが、SNSをのぞくと、「Shimajiro」への熱狂的な支持の言葉が見られます。Instagramでは、すでにフォロワーが6.7万人いて、イベントでの写真をアップしてくださったり、キャンペーンに参加してくださったりしています。
また、昨年からはTVでしまじろうのアニメ放送もスタートしています!「ハッピー・ジャムジャム」をインドネシア語で歌うしまじろうは必見です。

今後のインドネシアのしまじろうの動向に、ご注目ください!

こどもちゃれんじ編集部