ふだんお子さんが園でどう過ごしているか?ちょっと気になりますよね。4月から新入園のかたはご心配もあるかと思います。

hop_4_1.jpgのサムネイル画像

3・4歳向け〈ほっぷ〉4月号でお届けしている「ちゃれんじえんごっこセット」では、園のごっこ遊びが楽しめますが、それだけじゃないんです!園が楽しみになったり、園での様子を再現できるように、工夫をしています。

「園に行っても、家に帰って来れる」ことがわかる

hop4_touenippan.JPG

新入園を迎えるお子さんは、園バスに乗るのを嫌がってぐずることも少なくないと思います。最初は誰でも不安に思いますよね。ママと離れてひとりで乗せられて行ってしまったら、どうなるのか......。お子さんの気持ちもわかります。

そこで、「ちゃれんじえんごっこセット」では、1日の流れを具体的にイメージできるようにしています。

園バスが来る(→先生にご挨拶→園バスに乗る→園に到着→教室に入って、友だちと遊ぶ→トイレに行く→園庭で遊ぶ→そして、また園バスに乗る)→家に帰る。

そう、「園に行っても、家に帰って来れる」ことが、遊びの中でわかるんです。

hop4_touen.jpg

「ちゃれんじえんごっこセット」は2017年4月号に初版をお届けしていますが、モニターとしてご協力いただいたママの話によると、

「うちのマンションには今年入園した子がたくさんいるんですけど、『こどもちゃれんじをやっている子は園バスに嫌がらずに乗れる』と言われてました」という声も!ありました。

「園でどう過ごしているか」を知る機会に

3歳のお子さんに「園で何をしたの?」「どうだった?」と聞いても、具体的に話すのはまだ難しいですよね。

でも、「ちゃれんじえんごっこセット」で遊んでいると、自分が園で経験したことが随所に現れます。「順番ね~」と先生の声かけをまねしたり、お友だちとのトラブルかな?と思われるシーンを再現することも。また、何かもやもやしてることがあって、言葉で言い表せなくても、遊びの中でそれを出せたりします。

hop4_toiletscene.JPG

トイレに行ったり、

hop4_yuuguscene.JPG

すべり台で順番を抜かされてしまったり。

いろんなことを感じて、体験して、1日を過ごしてくるんですね。

おうちのかたから「幼稚園で遊ぶときの様子をおもちゃを使いながら教えてくれて、親としてはとても助かっています。」「実際に保育園で遊んだ遊びの話や、先生の言ったことも、このごっこ遊びを通じて教えてくれたりしています。」といった声が寄せられています。

コレがあるから園生活を再現できる!必須アイテムとは?

園生活の再現をねらった「ちゃれんじえんごっこセット」には、ごっこ遊びセットとしては実はレアでは?と思われるアイテムが用意されています。

●トイレ

hop4_toilet.jpg

男女別になっていて2つあります。園でトイレに行くシミュレーションができるし、園でトイレに行けているかをうかがい知る機会を得ることも。

●園の先生

hop4_teacher.jpg

先生の声かけをまねて遊ぶシーンが生まれ、先生がどんな声かけをしているかがわかります。

●お友だち数名

hop4_friends.jpg

友だちが複数いるから、園での遊びや、ときにはトラブルも、再現しやすいのです。

●すべり台

hop4_slider.JPG

遊具の取り合い、順番抜かしなど、ありがちなお友だちトラブルを再現するきっかけに。

園で体験したことを表現できるアイテムがあることで、お子さんは、園生活で体験したことや感じたことを遊びの中で再現できるし、親にとっては園での様子がわかるんですね。

1日の振り返りができる園のごっこ遊びは、入園・進級の時期には特におすすめです。

お子さんと一緒に遊んでみてください(^^)

こどもちゃれんじ編集部 川端