メッセ1.jpg

これは、4・5歳向け〈すてっぷ〉でお届けしている「ぴかっと★メッセンジャー」。書いた文字が光ったり、音楽が流れたりする、楽しいひらがな教材です。でも、実はこれ「ひらがなを書く」ためだけの教材じゃないのです。この教材のねらいは・・・

「文字で自分の気持ちが伝わる楽しさを、実感する」こと。

書いて伝わる楽しさ、うれしさを体験すると、子ども自身の中に「書きたい」「書けるようになりたい」という気持ちが生まれます。書けと言われたから書くんじゃない。自分が「伝えたい」、だから「書きたい」、と思ったから書く。その気持ちが大事だと考えています(*^^*)

「でも、書いて伝わる楽しさって、どうやったら実感できるの?」

開発当時の編集部がまず悩んだのがココ。

「やっぱり受け取ったママやパパのリアクションでしょ!

 派手なリアクション欲しいねー!」

「でも反応が薄いケースも考えられますよね・・・」

「自然にオーバーなリアクションを引き出せる方法、何かないかな?」

「自然にオーバー・・・日本人にはハードル高いね・・・」

「そうだ。光らせたら?」

そう。

子どものために光っていると思っていたみなさん。

実は"ママのリアクションを派手にする方法"として出てきたアイデアだったのです・・・!

「伝わった!」ことを、目に見えるようにしたい

さらに編集部では考えました。

「『伝わった~!』ってことが、目に見えてわかるといいよね!」

「そうですね!可視化したいです!」

「目に見えるように、か・・・」

・・・

そのとき、あるベテラン姉御編集部員が、往年のテレビ番組を思い出しました。

「あ、アレだ! フィーリング○○○○5×5!」

もとの番組はかなり昔なのでご存じのかたは少ないかもしれませんが、近年、アイドルが出演するバラエティー番組等で、同様の形式が適用されているコーナーをご覧になったかたもいるでしょうか。

・電光掲示による大型テーブルが縦型に置かれ

・その両側に男5名女5名がそれぞれ並び、互いに自己紹介をし合い、気になる相手を探し

・最終ジャッジで、互いに気に入った者同士が、大型テーブル上の電光表示でビビビビッ!と結ばれる

その、電光表示で結ばれる様子はまさに、気持ちが伝わる瞬間を、見事に可視化したものでした。

編集部では、その電光表示に想を得て、"気持ちが伝わる様子が目に見える"しかけを教材に盛り込みました。

具体的には、こんな感じです。まずは動画再生してみてください。

手から手へ、ビビビビッ!と光が伝わるようになっています♪

「ぴかっと★メッセンジャー」ではほかにも、こんなかわいいメッセージや

メッセ2.JPG

こんな楽しいメッセージのやりとりが、

全国のご家庭で生まれているようです。

見ている私もあったかい気持ちになります~(*^^*)

みなさま、ご家族で温かい気持ちを伝え合う

すてきなクリスマスをお過ごしください☆彡

★動画投稿をご紹介させていただきましたえっこ@MT-25さん、「#しまじろうできた」キャンペーンご参加のかたの中から今回ご紹介させていただきましたみなさま、ありがとうございました!

※編集部での会話は実話をもとにしたフィクションです。

こどもちゃれんじ編集部 川端