01.png

〈こどもちゃれんじ〉には、有料オプション教材があるのをご存知でしょうか?
中でも、好奇心旺盛なお子さんにおススメなのが、おうちで科学実験ができる「サイエンスプラス」。写真は、〈こどもちゃれんじすてっぷ〉「サイエンスプラス」8月号の「かがみのふしぎ」実験キット。身近な鏡も、合わせ鏡にしてみると不思議な現象が...!
担当者に話を聞いてみました。

「かがみのふしぎ」実験キット、制作時のこだわりポイントとは?

子どもなりにさまざまな工夫をしたり、考えを引き出したりできる内容にすることにこだわりました。1回実験して終わり、ではなく、「こうやってみたらどうなるかな」「なぜこうなるんだろう」と疑問を持つような「引っかかり」をつくり、自分なりに考え、確かめ、試してみる体験につながるように工夫を凝らしました。また、教材で体験したことが、ふだんの生活の中でよく目にするものにも生かされていることを知り、より興味を深めていただけたらという願いを込めて教材を作っています。

実際にお届けしてみると、こんな反応がありました!

身近な鏡が興味の対象になった
・今まで特に気にしていなかった鏡は、こんなに不思議なものだと気づいたようでした。

目新しい鏡の使い方を「発見」
・万華鏡で見えたものは、ひとつの模様が増えたと思っているようですが、鏡を通して見えていることが少しずつわかってきたようです。

さらにいろいろ試してみた
・合わせ鏡で家にあるいろいろなものを見たくなったようで、自分で作ったブロックなども見ていました。

...などなど、新しい使い方を発見したり、さらにいろいろと試してみたり、お子さん一人ひとりの自分なりに「考える力」がはたらいているようです。

02.png

〈こどもちゃれんじすてっぷ〉「サイエンスプラス」ラインナップ
「鏡」「磁石」「われないシャボン玉」など身近なテーマで実験し、探究する力を伸ばします。

大人気の「知育プラス」は、低年齢版も好評です。

2018年度から、〈こどもちゃれじぷち〉「知育プラス」〈こどもちゃれんじぽけっと〉「知育プラス」も登場。
繰り返し手を動かすワークブックで、「色」「形」「大きさ」などの理解を深めることができます。

03.png

おうちで過ごす時間も増える冬のうちに、お子さんの「もっとやりたい!」気持ちに応えて「できた!」をぐんと増やしてあげませんか?

〈こどもちゃれんじプラス〉はこちら