経済的困難を抱える子どもの学び支援活動助成

2017年04月10日

平成28年度「経済的な困難を抱える子どもたちの学び支援活動助成」助成先選考結果のご報告

第3回目となります「経済的な困難を抱える子どもたちの学び支援活動助成」につきまして、助成先が決定いたしましたので、ご報告いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■第3回 概要:

・募 集 期 間:平成28年11月18日~平成29年1月5日
・助成金総額:20,000千円以内
・応 募 数 :101件  
・採択事業数: 13件  

・金額: 20,348,030円  

■選考委員長からのコメント:

 本助成は、経済的な理由により学習環境に困難を抱える子どもたちの意欲を高め、学習に取り組む手助けとなる事業を対象としたもので、今回が3年目の実施となります。
 子どもの貧困問題への社会的認知が広がる中で、様々な公的な支援や助成金等が設定されるようになってきたことを受け、応募が減ることも予想していましたが、実際には昨年をはるかに超える101件の応募となりました。

 募集趣旨に即して厳正に審査を行い、13件を採択しています。当助成では、同じ事業で継続して申請があった場合でも、単年度の申請として審査をする設定にしていますが、結果として、昨年度と続けて助成対象となった事業もありました。

 社会的な注目が広がってきたことで、これまで地域で取り組みがされてきた子ども対象の活動に加える形で、経済的困難な子どもの学び支援の事業を始める団体からの申請が多くありました。また、「子ども食堂」に学習機能を加える、学習支援の活動に居場所機能を加える、という形での事業領域を広げるための助成を申請される団体も多く見受けられました。

 

 当財団ならではの支援の在り方として、その活動がモデルとなり、よい活動を普及することが期待できる事業を採択いたしました。
 今後、助成先どうしの交流会や現場の視察などを通じて、情報共有をし、学びあい、連携を促しながら、共通課題に対して解決の糸口を見出していけるような取り組みも行っていきたいと思います。

公益財団法人ベネッセこども基金
理事・選考委員長
耳塚寛明

■助成団体名・事業名一覧:

特定非営利活動法人 いるかねっと
 事業名:学習支援マナビバによる福岡市・貧困連鎖解消のための2019年度第1期拠点拡大事業

一般社団法人 ぎふ学習支援ネットワーク
 事業名:岐阜県内学習支援活動の中間支援および当該生徒の学業継続支援に関する事業

子どもの生活支援ネットワーク こ・はうす
 事業名:サテライト型無料学習支援と軽食 提供事業

特定非営利活動法人 多文化共生センター大阪
 事業名:地域で支えよう!外国にルーツを持つ子どもたちへの学習支援事業

特定非営利活動法人 長野県NPOセンター
 事業名:信州全域の学習支援ボランティア養成・ネットワークづくり支援事業

HUG for ALL
 事業名:児童養護施設の「養育・教育の質」改善事業 (タブレット教材を用いた学習支援とボランティアとの関係性構築)

特定非営利活動法人 場とつながりの研究センター
 事業名:地域が育てる、子どもの自己肯定感を育む「居場所」機能を持ったまちの寺子屋運営と、その持続可能を目指した支援事業

認定特定非営利活動法人 浜松NPOネットワークセンター
 事業名:はままつ子どもの学び支援&セーフティネット強化事業

一般財団法人 ヒューマンライツ協会
 事業名:不登校・高校中退者のためのフリースペース マナビバ!

認定特定非営利活動法人 フードバンク山梨
 事業名:困窮する子ども達への学習支援と食料支援の新たな支援モデル構築事業

特定非営利活動法人 まちの塾フリービー
 事業名:貧困連鎖ストップ!高校中退防止夢プログラム2017

一般社団法人 みらいTALK
 事業名:生活困窮家庭学習支援事業

特定非営利活動法人 ユースコミュニティー
 事業名:経済的困難を抱える高校生の学習支援事業

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なお、各助成団体からのメッセージの詳細は添付のPDFファイルをご覧ください。

平成28年度「経済的困難を抱える子どもの学習支援活動助成」助成先決定のご報告

戻る

PDFがついている「PDF」形式のコンテンツをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。

ページの先頭へ戻る
関連リンク
  • エール&リンク 発達障害支援サイト
  • こどもの安心・安全サポータズひろば
  • ちびっこおえかきコンテスト