助成情報

助成情報

2019年10月24日

緊急助成 「令和元年台風19号」で被災した子どもの学びや育ちの支援活動助成 募集要項・申請書を公開しました

このたびの「令和元年台風19号」によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

令和元年台風19号では、被害が広範囲にわたり、多くの子どもが影響を受けています。避難生活などによって心身に影響を受けた子どもたちの、さまざまな生活・学習上の困難に取り組む団体の活動を支援するため、緊急助成を実施します。

※「令和元年台風19号」で被災した子どもの学びや育ちの支援活動助成 募集要項・申請書のページはこちら
https://benesse-kodomokikin.or.jp/subsidy/disaster.html


当財団の災害助成は、災害を起因として困難な課題を抱える子どもの支援をより迅速かつタイムリーに行っていけるような助成の枠組みとなっております。申請書を受付後、随時審査を行い結果を公表いたします。


【ベネッセこども基金の緊急助成の特徴】

◇応募は申請書の送付のみ。記載する項目も最小限の内容です。団体概要、活動内容、連携団体、助成金の使途の項目のみです。※被害によってPCが使えないなどの場合、FAXなどで申請書をお送りします。

◇すでに始めている活動、また、終了した活動でも申請が可能です。2019年12月18日の締め切りまでに申請書をお送りください。

◇任意団体でも応募可能です。非営利団体で、公益性のある活動を行っており、活動内容が適していると確認できれば、団体の規模、形態にかかわらず助成の対象となります。※ただし、団体としての銀行口座を有していることが条件となります。

◇人件費も助成対象になります。学習支援等を行うためのボランティア等の事業にかかる人件費(宿泊費、交通費含む)は、助成の対象になります。※ただし、団体の運営を行うための人件費は対象外

◇助成決定から1週間~10日で助成金をお振込みします。

【助成概要】

1.助成のテーマ・活動
被災した子どもの学びや育ちに寄与する活動。災害によって、生活上の困難を抱える子どもや被災によるストレスや学習困難などを抱える子どもに対する支援をテーマとします。
※より緊急性の高い活動を優先するため、「すでに活動をスタートしている」もしくは「具体的な活動開始の目途がついている」活動を対象とします。

2.対象都県
岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、静岡

3.助成対象となる活動期間と提出期限
助成対象期間:2019年10月12日(土)~2020年4月12日(日)
※申請書を受付後、随時審査を行い結果を公表いたします。
※締切は2019年12月18日(水)※必着です。

4.助成対象団体
上記助成テーマで活動を行っている非営利団体(特定非営利活動法人、財団法人、社団法人、社会福祉法人など)
※法人格が無くても申請可能です。※原則として営利団体への助成は行いません。

5.助成金額 
1件あたりの助成額50万円程度
※事業単位、複数事業の申請も可能です。

6.助成対象となる費用
助成対象期間の活動費用(具体的な費用項目は申請書を参照)
※助成対象とならない費用:申請事業に関わらない団体運営の費用や要員の人件費

7.助成の総額
2019年度年間総額を2,000万円としていますが、本助成単体では設定しておりません。

戻る

ページの先頭へ戻る