女性が教える ママと子どもの健康BLOG

執筆中の先生 Profile

  • 積田 綾子 先生

    小児科医

    積田 綾子先生

    初台リハビリテーション病院勤務。障害児保育園ヘレンアドバイザリーボード。小学生の女の子のママ。

  • 江澤 佐知子 先生

    産婦人科医

    江澤 佐知子先生

    南流山レディスクリニック顧問医師。NPO法人医療情報広報局(i-koho)代表。3歳双子男児のママ。

  • 川崎 万知子 先生

    歯科医

    川崎 万知子先生

    ホワイトエッセンス麻布十番M'sデンタルクリニック院長。2人の子どもを持つママ。

  • 長尾 公美子 先生

    美容皮膚科医

    長尾 公美子先生

    美容皮膚科レイクリニック院長。男の子の育児と仕事の両立で日々奮闘中。

ここからげんき TOPへ戻る

カレンダー

<< 2015年11月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリアーカイブ

こどもの眠り

2015年11月04日(水曜日) 14時05分 積田 綾子

こんにちは〜(^∇^)
過ごしやすいいい季節ですね♫
紅葉も楽しみです( ^ω^ )
さてさて、本日はこどもの眠りについてです。
 
眠りはある程度人それぞれ。
でも、こども達の眠りは大切な気もするのではないでしょうか(≧∇≦)
 
 
快眠の原則(スリープヘルス)で大事なのは、朝の光、昼間に活動、夜は暗いところで休む、規則的な食事、規則的な排泄、眠りを妨害する嗜好品を避けること。
 
ふむふむ。
たしかに。
 
小学生以上のお子さんのママ、お子さんの勉強と睡眠不足で悩んでたりしますか?
実は、中学女子を除きこどもの睡眠不足の理由のトップは「ビデオ、DVD、ネット」と「なんとなく」が、「勉強」よりも多いのだそう!
 
こどもの頃の睡眠は、オトナになるまで影響します。
 
保育者の早期離職の興味深い理由に
「朝起きられない」
「日中疲れてカラダがもたない」
が増えたそうで、2012年に質問紙調査が行われました。
 
結果は、早期離職した方はこどもの頃、朝ごはんを食べる習慣がなかったり、規則的な就寝時間でなかったり夜遅くまでテレビやゲーム(現代だとケータイ?)をしていたなどの傾向がありました。
オトナになった現在も「寝つき」「寝起き」に悩む方が多いそうです。
ふむふむ。
睡眠不足はいらいらしたり、活気がなくなったりします。
できれば改善したい(≧∇≦)「快く」暮らす工夫が大事なのですね。
もし、そんな理由にピンとこなくて、工夫しても良くならないときは、病院へ。
もしかしたら違う理由、例えばむずむず足症候群や睡眠時無呼吸症候群などカラダの具合のチェックが必要かもしれません。
栄養、睡眠、排泄、大事ですね♫
おっと、夜更かしになってしまいそう。
ではではまた(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ

ページトップへ