トップ画像 トップ画像

2021/02/25 (木)

不登校の家庭学習

【質問】子どもが不登校です。家庭でどのように学習をしたらよいでしょうか。

電話窓口に、お客さまから多くいただいたお問い合わせ・ご相談について、「進研ゼミ」編集者が、専門の先生のアドバイスを得て記事を作成いたしました。

毎日学校に通っていれば、5時間、6時間などまとまった時間の勉強をすることになるので、家庭にいて学習機会を失ってしまうことに、おうちのかたが強い不安を感じられるのも、当然のことと思います。

学校では、集団の中で自然と長時間取り組むことになる勉強ですが、家で集中して同じ時間勉強しようと思うと大変な気力を要します。先生がいない状態で、同じ時間一人でがんばり続けることは難しいと割りきり、少しでも取り組むことができたときにはほめるようにしましょう。

なかなか取り組めないようであれば「何時から何時は勉強の時間」などの決まりをつくったり、「今日はここからここまでやろう」と範囲を決めたりするなど、お子さまが達成できる範囲での計画を立ててあげることが学習が継続するコツになります。

2020-02-発達支援サイトイラスト-002.jpg

学校から課題が出ている場合には、上記のようにして取り組むとよいでしょう。
「進研ゼミ」では、学習指導要領で学ぶべきことをご家庭で、自学自習で取り組めるように解説などを充実させています。学校を休んでいる間の学習の補完としてご活用いただくことができます。家庭学習をがんばらなければと無理をしすぎず、お子さまのペースで気持ちの負担にならないようにご活用いただければ、と思います。

この記事に関するキーワード

学校に行かない 学校に行けない 登校渋り 登校拒否 自宅で学習 フリースクール

トップにもどる