トップ画像 トップ画像

2020/11/27 (金)

「数」がわからない

【質問】数の概念がまだしっかり把握できておらず、「数」というものがわかっていないのですが、どうしたらよいでしょうか。

電話窓口に、お客さまから多くいただいたお問い合わせ・ご相談について、「進研ゼミ」編集者が、専門の先生のアドバイスを得て記事を作成いたしました。

数の概念が定着していなくてもあせって家庭の中で教える必要はありません。

数の概念は遊びや生活の中での、いろいろな「数」の経験を繰り返すことによって形成されていくものです。まだ数の概念が把握できていないようであれば、数を数えながら指をおっていき、おった指がどんどん増えていくのを体感させたり、「ぶどうを2つぶ食べよう」「2つぶとってくれる?」などと声をかけたり、買い物に行った際に「右から1番目の牛乳をとって」などと声をかけたりしていきましょう。「数」や「数字」は日常生活の中でたくさん使われているので、知っておくととても便利なものです。「数」や「数字」が身のまわりでたくさん使われていることに気づかせて、数の概念を身近に感じ興味をもつことが、学校での学習にもつながっていきます。

 

 

この記事に関するキーワード

算数 数がわからない 1年生算数 さんすう かず

トップにもどる