トップ画像 トップ画像

2020/02/13 (木)

文章を読んで理解することが苦手

小池敏英先生 (東京学芸大学教育学部教授)にお伺いしました。

文章読解が苦手になる背景はさまざまです。例えば、「文章中の単語の意味がわからない」「段落ごとの内容と段落どうしの関係の理解が難しい」などが考えられます。

スモールステップで読み取りの練習をしましょう

koike01.png

次の(1)~(4)の順に読み取りの準備をするとよいでしょう。

(1)難しい言葉やキーワードになる言葉を抜き出して、意味を確認します。

(2)おうちのかたが声に出して読み聞かせます。

(3)お子さまが声に出して読みます。 お子さまがどこを読んでいるのかわからなくなる場合は、読んでいる行だけが目に入るように、下敷きなどを使って周りを隠してみましょう。

(4)段落ごとに囲んで、要旨を確認します。また、問題を解きはじめる前に、説明文では「書きはじめ」「説明」「まとめ」など、段落の働きについて話し合ったり、物語文では、登場人物の気持ちの変化などについて話し合ったりするとよいでしょう。

要旨をつかむのはとても難しい学習です。「チャレンジ」では「解答・解説」で、段落ごとの要旨を説明しています。わからない場合は、先に「解答・解説」を見てもよいので、段落ごとにおうちのかたと一緒に確認してから読解問題に取り組むようにするとよいでしょう。(チャレンジ編集室)

この記事に関するキーワード

国語 文を読む 読み取り

トップにもどる